ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2015

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2015年9月12日
2ndステージ第10節 VS.横浜F・マリノス
観戦団体
自動車事故対策機構様

1stステージ惜敗した相手にリベンジの一戦!



今節は、日本屈指のファンタジスタ中村俊輔擁する横浜F・マリノスとの一戦です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は自動車事故対策機構の皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えて下さったのは平松宗選手です。

平松選手は、参加者の皆様と笑顔で会話を交わしながら亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

平松選手の対応に、皆さまとても嬉しそうな表情をされているのが印象的でした!そして、平松選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。

スタジアムは、今日も新潟の勝利を信じ声援を送るサポーターの熱気で溢れていました!選手達もホームでの公式戦3連勝を目指し、気合の入ったウォーミングアップをされていました。




そして試合開始

前半は立ち上がりから横浜ペースで試合が進みますが、新潟守備陣がゴールを許しません。前半30分、山崎選手が相手陣内で相手からボールを奪いカウンターを仕掛けます。そこから左サイドに展開し、小林選手のクロスから指宿選手がヘディングシュート!しかし、このシュートは相手の堅い守備に阻まれゴールには至りません。

このまま前半終了かと思われた47分、加藤選手の蹴ったFKに大井選手が頭で合わせ先制GOAL!新潟が貴重な先制点を挙げ前半を終えます。

後半は、序盤に新潟が退場者を出してしまい苦しい状況となります。
そんな中、後半18分に相手選手のミドルシュートが決まり同点に追いつかれてしまいます。その後は横浜の猛攻を受け続けますが、新潟守備陣が粘りのディフェンスでゴールを許さず1-1で試合終了。

数的不利の苦しい状況でも最後まで守り切り、貴重な勝ち点1を積み上げました!

試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「手強い相手と互角の勝負!次は勝てますように。お疲れ様でした!」(山田さん)





ハッピーシートは今シーズンで5年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに招待し、
Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP