z

ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2015

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2015年10月17日
2ndステージ第14節 VS.松本山雅FC
観戦団体
長岡市立支援学校様

絶対に負けられない大一番!



今節は、かつて新潟を率いた反町監督が指揮を執る松本山雅FCとの一戦です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は、長岡市立支援学校の皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えて下さったのは小泉選手です。

小泉選手は、参加者の皆様へ丁寧に亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

小泉選手の丁寧な対応に、選手とのふれあいを楽しみにされていた皆様がとても嬉しそうな表情をされているのが印象的でした!
そして、小泉選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。

スタジアムは、絶対に負けられないこの大一番を見届けようと3万人を越えるサポーターが駆けつけ、選手たちに大声援を送っていました!選手達も、その大声援に背中を押されとても締まった表情でウォーミングアップをされていました。





そして試合開始

新潟は序盤から試合の主導権を握ります。前半2分、FKのチャンスに前野選手がゴールを狙いますが惜しくもポストに当たりゴールならず。その後も新潟は相手の攻撃の芽を摘みながらチャンスを作ります。

前半27分、山本選手が得意のドリブルで右サイドを突破しシュート!しかし、このシュートはGKに阻まれます。前半終了間際にFKのピンチを迎えますが、守田選手が好セーブを見せ0-0で前半を終えます。

そして後半、待望の先制点が新潟の若きマルチロールから生まれます。後半16分、左サイドでボールを受けた端山選手がドリブルで中央まで切り込み、最後は相手を一人かわしてミドルシュート!このシュートが相手GKの逆を突く素晴らしい軌道でネットを揺らし待望の先制点を挙げます。その直後にもFKのチャンスに大井選手がヘディングで合わせ立て続けに追加点を奪います。

試合終了間際には相手のパワープレーを受けますが、新潟守備陣が最後まで集中力を切らすことなく守り切り2-0で試合終了。

絶対に負けられない大一番を見事勝利で飾りました!

試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「山雅の応援はすごかったけれど、それに負けずアルビも良く頑張りました」(山岸さん)



ハッピーシートは今シーズンで5年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに招待し、
Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP