ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2015

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2015年11月7日
2ndステージ第16節 VS.湘南ベルマーレ
観戦団体
浦川原イレブンボーイズ様

ホーム最終戦を勝利で飾れ!



今節はホーム最終戦!“湘南スタイル“と称されるハードワークが持ち味の湘南ベルマーレとの一戦です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は、浦川原イレブンボーイズの皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えて下さったのは舞行龍ジェームズ選手です。

舞行龍選手は、参加者の皆様一人ひとりに丁寧に亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

舞行龍選手の丁寧な対応に、選手とのふれあいを楽しみにされていた皆様がとても嬉しそうな表情をされているのが印象的でした!
そして、舞行龍選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。

スタジアムは残留の為に負けられないこの一戦を後押ししようとサポーターの熱気に包まれていました!選手達も、スタンドからの大声援を受け、とても締まった表情でウォーミングアップをされていました。






そして試合開始。
立ち上がりは湘南の鋭いカウンターの勢いに押され、苦しい時間が続きます。

新潟の反撃は前半19分、右サイド川口選手のクロスボールのこぼれ球を田中選手がダイレクトで左足を振りぬきますがシュートは惜しくもGKの正面へ。さらに前半25分にはゴール正面から加藤選手がロングシュートでゴールを狙いますがボールは惜しくも枠の外へ。得点には結びつかないものの新潟が積極的な攻撃で試合の流れを呼び込みます。

しかし前半30分、ゴール前で相手に繋がれ失点し、前半は0-1で折り返します。

後半は開始から湘南の勢いのある攻撃に防戦一方の時間が続きます。
今季初出場のGK黒河選手やDF陣の体を張った守備で何とか耐え凌ぎますが、後半24分に失点を喫してしまい苦しい展開となります。

その後も選手交代やシステム変更などで打開を図りますが、粘り強く守る湘南の牙城を崩せず0-2で敗戦。
試合に敗れ、自力での残留は決められなかったものの、降格ラインに立っていた、松本山雅が敗れたことで新潟のJ1残留が決定!

スタジアムは新潟サポーターの安堵の笑顔に包まれました。
試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「試合には負けてしまったけど色んなプレーを学べて嬉しかったです」(松内さん)



今年も多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP