ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2016

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2016年5月21日
1stステージ第13節 vs. 川崎フロンターレ戦
観戦団体
リユニオン様

首位・川崎から勝利を奪え



今節は、現在1stステージの首位を走る川崎フロンターレとの一戦です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は、リユニオンの皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えて下さったのは西村選手です。

西村選手は、丁寧な対応で参加者の皆様に亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

西村選手とのふれあいに皆様楽しそうにされているのが印象的でした!

そして、ふれあいの最後には西村選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。

スタジアムは、首位・川崎との試合を前に選手たちを鼓舞しようとサポーターが大きな声援を送っていました!

選手たちもその声援を受け、気持ちの入ったウォーミングアップを行っていました。










そして試合開始

立ち上がりは相手に主導権を与えてしまい押し込まれる場面もありましたが、守田選手のファインセーブでゴールを許しません。

前半21分、押し込まれていた新潟でしたがここで反撃に出ます。前野選手が上げたクロスボールを相手DFがクリアすると、そのこぼれ球をフリーで待っていた加藤選手が強烈なミドルシュート!しかし、このシュートはGKにキャッチされ惜しくもゴールとはなりません。

同40分にもレオシルバ選手、小塚選手とパスを繋いで田中選手が強烈なミドルシュートを放ちますがゴールは奪えずそのまま前半を終えます。

後半の立ち上がりも相手に押し込まれる展開となりますが、守田選手を中心とした新潟DF陣が堅い守りで相手にゴールを与えません。

守る時間が続いていた新潟でしたが、後半23分と24分に加藤選手と舞行龍選手が立て続けにチャンスを作り出し、相手ゴールにあと一歩のところまで迫ります。

そして同42分、大野選手のロングフィードから抜け出した指宿選手がこの試合一番の決定機を向かえますが、惜しくもゴールを奪えず0対0のスコアレスドローで試合終了。

首位相手に一歩も引かない戦いを見せ、ホームで勝ち点1を獲得しました。

試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「身近で見る選手はとてもかっこよかったです。僕も選手みたいになりたいです。」(菊池さん)


ハッピーシートは今シーズンで6年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに
招待し、Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP