ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2016

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2016年7月17日
2ndステージ第4節 vs. ベガルタ仙台戦
観戦団体
大野FC様

2ndステージ初勝利をホームで掴み取れ!



今節は新潟と同じく2ndステージ初勝利を目指すベガルタ仙台との一戦です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は、大野FCの皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えて下さったのは増田選手です。

増田選手は参加者の皆さま一人ひとりに笑顔で声を掛けながら亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

増田選手とのふれあいを楽しそうにされている皆様の表情が印象的でした!

そして、ふれあいの最後には増田選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

記念撮影が終わり、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。

スタジアムは、2ndステージ初勝利へ向け選手たちに声援を送るサポーターの熱気に包まれていました!

選手たちもサポーターからの声援を受け、勝利を掴み取ろうとウォーミングアップを行っていました。






そして試合開始

新潟は立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けチャンスを作り出し、相手ゴールに襲い掛かります。

前半5分、細かいパスワークで相手を崩すと、コルテース選手の出したスルーパスに最後はラファエルシルバ選手がフリーでシュート!決定的な場面でしたが、これは相手GKの好守に阻まれゴールとはなりません。
同9分にもラファエルシルバ選手がPA内でシュートを放ちますが、枠を捉えられず。その後はお互いにチャンスを作れぬ膠着状態のまま前半を終えます。

そして後半。前半と同じく立ち上がりから試合を有利に進めたかった新潟でしたが、相手に一瞬の隙を突かれカウンターから失点を喫してしまいます。

1点を追いかける展開となった新潟でしたが、後半16分に野津田選手の蹴ったFKを舞行龍選手が頭で合わせ同点のゴール!舞行龍選手のJリーグ初ゴールですぐさま試合を振り出しに戻します。

ここから一気に逆転といきたかった新潟でしたが、またも相手のカウンターから勝ち越しとなるゴールを献上し、反撃もあと一歩届かずこのまま1-2で試合終了。

2ndステージ初勝利とはなりませんでしたが、選手たちは気持ちを切り替えて次の試合へと向かいます!

試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「普段ではできない体験をできて嬉しかったです。サポーターの迫力も凄かったです。」(市村さん)



ハッピーシートは今シーズンで6年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに
招待し、Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP