ハッピーシート

TOP > ハッピーシート2016

2015ハッピーシート観戦団体募集中!

2016年11月3日
2ndステージ第17節 vs. サンフレッチェ広島戦
観戦団体
モノプリエンテJr様

苦しみながらもJ1残留を決める!



今シーズン最終戦となった広島戦。新潟は15位。J1残留を決めるためにも泣いても笑っても最後の試合です。

そんなこの試合のハッピーシートに参加していただいた団体様は、すばるモノプリエンテJrの皆様です!

まず、試合前に皆様を出迎えたのは野津田選手です。

野津田選手は参加者の皆さま一人ひとり丁寧に亀田製菓のお菓子をプレゼントして下さいました。

そして、ふれあいの最後には野津田選手と一緒に普段スカパー!のインタビューをする場所での記念撮影も行いました!

次は、今度はピッチ脇に移動し選手のウォーミングアップを見学。
大事な一戦だけに試合前から選手もサポーターも気合が入っています。






そして試合開始

新潟は舞行龍選手、野津田選手、レオシルバ選手、ラファエルシルバ選手が出場できないという苦しい布陣でしたが、広島相手に果敢に挑みます。

しかし、前半に一瞬の隙をつかれてピーターウタカ選手に決められてしまいます。その後も広島の守備を崩せず時間だけが過ぎていきます。それでも最後はけがの大野選手が強行出場するなど奮戦し、失点を1点に抑えてタイムアップ。

同時刻に行われた湘南対名古屋の試合が1-3で名古屋が敗れたために、勝点は同じながらも得失点差でかろうじてJ1残留を果たすことができました。

試合終了後に皆さんから感想をお聞きしました。

「アルビの試合を全力で応援しました。負けたけど、残留できてよかったです。サポーターが一生懸命応援しているところがすごかったです」(鈴木さん)

「負けたけどJ1残留できてよかったです。クラブ創設20周年でJ2に落ちないでJ1に残留できてよかった。来年はもっと上の順位でいてほしいです」(神田さん)

ハッピーシートは今シーズンで6年目となります。
今シーズンも亀田製菓様のご協力のもと、子どもたちをスタジアムに
招待し、Jリーグの生の興奮と歓喜を体感していただきたいと思います。

今後の試合では、参加団体を募集しております。
多くの皆様のご参加をお待ちしておりますので、こちらよりご応募ください!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP