橙魂結集

アルビレックス新潟のオフィシャルスポンサーである昭栄印刷株式会社が発行するアルビレックス新潟オフィシャルサポーターズマガジン「Laranja Azul(ラランジャ・アズール)」では、9月10日発行のVOL.7で「ビッグスワン特集」を編集されました。同誌では、サポーターの皆様から「ビッグスワンの魅力にはまった瞬間」「アルビレックス新潟の試合を観戦するようになったきっかけ」を募集いたしました。多くのご応募をいただき御礼申し上げます。
本特設サイトではラランジャ・アズール本誌に未掲載でしたが、サポーターの皆様の想いのこもった投稿をご紹介させていただきます。
◆ペンネーム
ムギ
◆いつの、どの試合でしたか?
2005年ホーム川崎戦
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
家族とEスタンド自由席
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
アンデルソン・リマが決めたFK。ボールを蹴るまでの雰囲気がスゴかったし、決まった瞬間は鳥肌がたちました。
◆ペンネーム
まさたろう
◆いつの、どの試合でしたか?
2015年10月17日VS松本山雅戦
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
1人でNスタンド
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
ビッグスワンでの初勝利の日で
かつ、豪くんの初ゴールを見れて
またここでバンザイをしに来たいと思ってそこからさらにもっと行こうと思った。
◆ペンネーム
ラハード
◆いつの、どの試合でしたか?
2007年 vsガンバ大阪戦 2-1○
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
家族 Eスタンド
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
まだ小学生だった頃家族で行こうという話になって行ったのがこの試合でした。この頃のガンバは日本代表選手や強力な外国人FWを揃え首位でこの新潟戦に臨んできました。この試合雨でピッチがスリッピーな中、北野貴之選手が大活躍を見せるも遠藤選手にゴールを決められて0-1..あーって思ったらなんとすぐさまシルビーニョ選手のミドルシュートで追いつくと後半、ビックスワンのパワーやサポーターの声援が後押ししたのか当時日本代表FWとしてブレイク中だった矢野貴章が田中亜土夢選手のクロスにヘディングで合わせて首位ガンバ相手に2-1で勝利!家族で喜んだうえまたビックスワンへ行こうと思わせてくれる試合でした!
◆ペンネーム
カズキ
◆いつの、どの試合でしたか?
2006年9月24日ヴァンフォーレ甲府戦
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
家族とEスタンド二層目で
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
学校で招待券をもらったのがきっかけで初めてビッグスワンに行きました。生でのサッカー観戦は初めてでした。
席に着いて360度に広がっていた景色は今でも忘れられません。
あの大きさと迫力そしてゴール裏のサポーターの応援にとても感動し興奮したのを覚えてます。
試合はエジミウソンの2ゴールと鈴木慎吾の得点で3-0で勝ちました。そこから完全にアルビにはまってしまいビッグスワンに通っています。
◆ペンネーム
マーチン  
◆いつの、どの試合でしたか?
2005 第8節 清水エスパルス戦  
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
職場の同僚とN席で
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
それは、初参戦でした。行ってみたいけど、なかなか機会がなく、偶然同僚から声をかけてもらい二つ返事で参戦したのでした。 
試合は、0-0の引き分けでしたが、スタジアムの4万人が一つになってサッカーに酔いしれていることが実感できました。今では、当たり前の数々のチャントも、一つ一つ新鮮で、周りの声を聞きながらたどたどしく歌いながら覚え、やがて腹の底から大声を出し、ずっと立ち上がったまま応援し続けていました。美しく揺れるN席の一員になれたことが、ただただうれしくて興奮したのを覚えています。
◆ペンネーム
ひっきーのはは
◆いつの、どの試合でしたか?
ホーム開幕戦の浦和戦
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
息子とN2層目
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
寒い寒い日、N2層目で寒風に曝されながら見た、最高の試合でした。
(厳しい状況のピッチに、颯爽と駆け込んで、あっという間に同点をもたらしたマルシオ選手の姿は、今でも強烈に覚えています。)
だけど、その試合から、いきなりビッグスワンに通い詰めるようになったワケではないです。
サポ主体のSNSに入れてもらった事で、『アルビレックス大好き』な知り合いが、少しずつ出来た事が、一番大きいキッカケだと思います。同じ感覚の友達と、ビッグスワンで応援する一体感を知った事で、毎試合参戦するのが当たり前になりました。
試合中は、一緒に精一杯声を出して、ゴールが決まれば絶叫してハイタッチして、苦しい時は、より大きい声を出して、負けた時は『次、勝とう!』と励まし合う~
選手のチカラになれるように企画されたイベント~コレオやラブコール~に参加して、しゃべったり楽しみながらもみんなで作り上げた達成感を味わう~
『大事で大好きなアルビレックス』を、みんなで一緒に応援する楽しさ…最高です。
◆ペンネーム
秋葉区在住 I☆Y
◆いつの、どの試合でしたか?
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
私の初めてのスワンは 2006年4月30日のG大阪戦です。
当時 小学生だった娘が 無料チケット配布の案内をもらってきて たまたま行ったのがこの試合でした。確かEスタンドの2層目で観戦したと記憶しています。
そこから見たゴール裏の応援。いつかあのゴール裏で飛びはねてみたい!と強く思った瞬間でした。
あれから10年。今ではゴール裏の常連となり 日頃のストレスを発散しています。
一緒に行った娘は社会人となり なかなか一緒に観戦は出来なくなりましたが、これからの私の生き甲斐として アルビレックス新潟を応援していきたいと思います。
◆ペンネーム 
四つ葉
◆いつの、どの試合でしたか?
2016年6月25日vsサガン鳥栖戦
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
10歳の娘と2歳の息子と3人で観戦、E144ブロック5列28番(親子無料招待指定席)
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
①4/30 vsヴァンフォーレ甲府戦で初めてのアルビ観戦。
これまでサッカーにも興味がなく、アルビは遠い存在。娘が学校からもらってきた「ホームゲーム親子観戦招待」をきっかけに、新潟県民だし一度は行ってみようか、と出かけたのが始まり。お年寄りから小さい子までほんとにたくさんの人がアルビのユニフォームを着ていることに驚いた。アルビサポーターに埋め尽くされたゴール裏、オレンジの波(守田チャント)、あがるフラッグの美しさ、絶え間ないコールに感動。ただ、試合は毎回ドロー。煮え切らない状態。
アルビに心ひかれるんだけど…、勝って背中を押してほしい気持ちでいた。
②6/11 vs大宮アルディージャ戦、デイゲームだったので仕事で行けず、帰ってからすぐにテレビの録画で観戦。
それまでスタジアムで見ていたのは、遠くから眺める、実況や解説がないサッカーの試合。
それが、テレビで解説を聞きながら選手の動き、表情をみて、「スタジアムでこうやって選手たちは戦ってたんだ」と今まで遠かった選手の存在が急にすごく近くに感じた。とくに山崎選手。
がむしゃらにボールにむかっていく姿、ファールした相手をにらみつける強さ、成岡選手ゴールを決めた時に見せた笑顔。いっきに心を掴まれた。
それから練習も見に行くようになり、ユニフォームを買い、山崎選手に前と背中両方にサインをもらい、それを初めて着て、見に行った
③6/25 vsサガン鳥栖戦。
選手たちを近くで見たくて、初めて1層目で観戦。山崎選手がゴールを決める!湧き上がるスタンド。モニターに映し出された山崎選手をみて大興奮!
この日初めて、アルビが勝ったのを生で見た。
そして試合後、初めて万歳をした!!
それからも試合や練習を見れば見るほど、選手たちを知れば知るほどアルビが好きになった。
アルビを支えたいと思うようになり、グッズを買ったり後援会に入ったり、モバアルみたり、これまで一切開かなかった新聞のスポーツ欄も見るようになり、部屋の一角にアルビコーナーができ、アルビが毎日の生活の中にある。
最初はアルビのサポーターに惹かれた。
それから選手を身近に感じた。
スタジアムでみんなで応援する楽しさを知った。
勝つ喜びを知った。
アルビレックス新潟としてJ1で懸命に戦う選手が誇らしい。
選手を家族の様に思い、苦しい時も応援し続けるアルビのサポーターが誇らしい。
ビッグスワンの生き生きとした緑の芝生が誇らしい。

プライドオブ新潟
私にとって選手もスタッフもサポーターも、みんな含めてがアルビ。
アルビが大好きだ。
◆ペンネーム
達サポ
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
あれは確か、2010年か2011年か2012年(スミマセン)の10月、対浦和レッズ戦です。
当時、私は埼玉のとあるチームサポで、初めてビッグスワンに姪と参戦しました。
ホームの埼玉スタジアムは、世界に誇る素晴らしいピッチで大好きなスタジアムですが、アウェイに対して酷い扱いなのが私の悩みの種でした。対戦チームがピッチに登場しただけでブーイング
アウェイサポ席の少なさ 恥ずべき事実です。
そして訪れた新潟は、よくいらっしゃいました の温かい雰囲気に包まれていて、サッカーは相手があってこそ試合が成り立つ、その相手を当然RESPECTする…その当たり前のことに正面から向かい合い、心が洗われました?
そして、そして、極めつけは、スタジアム入り口でいただいた新米のおにぎり(生たらこ入り)
その後、ずーっと遠くから新潟の活躍も応援していました。
そして、応援している選手の移籍と共に、今はドップリ、アルビサポです?
東京からほとんど毎試合、応援に駆けつけさせていただいていますが、いつまでも最初のイメージが変わらないまま、楽しく参戦しています。
新潟の温かいお気持ちと、あの新米のおにぎりが、恋した瞬間です
◆ペンネーム
カラーズ
◆いつの、どの試合でしたか?
2005Jリーグディビジョン1第10節アルビレックス新潟vs川崎フロンターレ
◆誰と、どの席で観戦されましたか?
父、父の友人(S1層目前方)
◆その時、ビッグスワンにはまったエピソードをお聞かせください
GWの帰省時、父に連れられて初めて行ったビッグスワン。そこで感じた衝撃は計り知れないものでした。両チームが1点を取り合い同点で迎えた後半終盤、鈴木慎吾選手が倒されて絶好の位置でフリーキックをゲット。直後に交代で入ったアンデルソン・リマ選手に送られた大音量のリマコールに、正直鳥肌が立ちました。そして、リマ選手の右足から放たれたボールがゴールネットに突き刺さった瞬間に生じた地響きのような歓喜...。言葉には言い表せません。それ以来、地元を離れて関東で働いている私にとっては、アルビレックスそのものが関東と新潟をつなぐ架け橋になっています。あたかも新潟に帰省したかのような気持ちにさせてくれるアウェイゴール裏、暖かく迎えてくれる聖地ビッグスワンの雰囲気は、いつも私に元気をくれます。アルビレックスと共に過ごす日常は、何事にもかえがたいものになっています。

イベント

コメリサンクスデー

今季2度目のW開催はユニフォームスポンサーコメリによるサンクスデー!ついにイベントプログラム決定!!

■入場ゲートでのプレゼント
オレンジステッカー
トップ、レディースチームの選手が描かれたオリジナルステッカーを先着3万名様に!
オレンジシート
トップ、レディースチームが背中合わせでデザイン!選手入場時には当シートを掲げ、20周年復刻版ユニフォームを着用しスタジアムをオレンジに!

■アルビくんファミリー写メ撮影会
大人気のマスコットキャラクター、アルビくんファミリーと楽しい撮影会へお越しください!トップ、レディース選手も飛び入り参加予定!
1回目12:15~、2回目15:15~ (各回15分程度)
会場:Eゲート前広場

■サポーターによる「エイエイオー!」映像放映
前節ホーム名古屋戦でサポーターの皆様に撮影協力いただいた映像をスタジアム内の大型映像装置で随時放送!

■応援メッセージ&応援映像放送
J1リーグキックオフ直前は大型映像装置にご注目!コメリによる迫力満点の勝利を願う動画を放送します。また、コメリ社員代表者様より気迫のこもったメッセージを頂戴します。メインスタンド側のピッチレベルにご注目ください!そして、新潟の勝利を願う全員で「エイエイオー!」の勝どきをあげますので、ご起立になりご参加ください!

くわしくはこちらのニュースをご覧ください。

Your Friends×アルビレックスチアリーダーズスペシャルLIVE 

スペシャルLIVE開催時間:
1回目:なでしこリーグのハーフタイム(13:50頃予定)
2回目:なでしこリーグ終了後~J1リーグ試合前(15:30頃予定)

新潟を拠点に活動し県内外で幅広くLiveを行なう2人組ユニット「Your Friends」。キャッチー&POPをテーマに作られる楽曲は世代を問わず人気。アルビレックス新潟レディースサポートソング「風になって」はサポーターにとってはおなじみですね。今回はアルビレックスチアリーダーズのダンスとコラボし、究極のエンタテイメントを皆様に披露します!

アルビレックスチアリーダーズ&Jr.チアリーダーズ パフォーマンス

パフォーマンス開催時間:14:55(予定)
アルビレックスチアリーダーズとJr.チアリーダーズが総勢39名によるジョイントパフォーマンスをお届けします。ダイナミックで息の合った演技は必見!アルビレックス新潟を勝利に導けるよう、パワフルにスタジアムを彩ります。

グッズ

【ガチャガチャ】光るアイテム第2弾が新発売!

完売御礼のミニ提灯ライトキーホルダーに続き、今度はミニスワンライトキーホルダーを販売いたします。オレンジ、ブルー、ホワイトのミニスワンをGETしよう!
価格:1回400円
販売場所:Eゲート前広場およびスタジアム内グッズ売店

アルビレックス散歩道2015販売開始!

サポーターのみなさん、お待たせいたしました。オフィシャルサイトに掲載中のコラム「アルビレックス新潟散歩道」の最新号が発売となります。これを記念して著者のえのきどいちろう氏によるサイン会を実施いたします!※先着100名様
価格:2,376円(税込)
販売場所:Eゲート前広場およびスタジアム内グッズ売店
[9月20日追加情報]
※サイン会実施を予定しておりましたが、諸事情により急きょ中止となりましたので、ご了承ください。

オフィシャルパートナー「adidas」社製の新商品多数登場!

観戦シーンだけでなくタウンユースとしても使いたいアイテムが目白押し。いつでもどこでもadidasグッズをまとっておでかけしましょう!
販売場所:Eゲート前広場およびスタジアム内グッズ売店

グルメ

クラブ創設20周年企画グルメ「チキンレッグ」最終販売日!

この夏、デンカビッグスワンのスタジアムグルメを席巻した「チキンレッグ」は当節もご用意!20周年を記念したチキンを食べてスタンドへレッツゴー!
価格:500円
販売場所:
スタジアム内1層目
・三宝グループ・信越企業(ピザハット)
・万代シルバーホテル・大助・ワコー食品
Eゲート前広場フードゾーン
・越後大福・みかづき
・ヴァーテックス・フーズ(こびきや)
・高嶋ファーム

Twitterでも橙魂結集!

Youtubeにて動画配信中!

SNSカスタマイズ画像プレゼント!

各SNS用カバー画像、プロフィール画像の変更方法については、各ヘルプページを参照ください。
  
友達に教える

PAGE TOP