NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > サマーフェスタ!
2017.07.15フォト日記
サマーフェスタ!
photo
サマーフェスタ当日となった今日、トップチームは9時からトレーニングを実施しました。2日間のオフを挟んで選手たちを待っていたのは、ハードなフィジカルメニュー。冒頭部分はみっちりと時間を掛けて筋トレが行われ、マシンやバーベルの音が響いていました。

photo
筋肉に負荷を掛けた後は、ピッチに出てペース走へ。立っているだけで体力を奪われていくほどの暑さが感じられましたが、選手たちは必死に食らいつき、定められたペースで走り切れるように努めていました。終盤はかなり険しい表情を浮かべる選手も増えていきましたが、ここでの苦しみが、必ず自分たちの力となって返ってくるはず。勝利を積み上げていくために、この中断期間を最大限活用していきます。

photo
そして13時からは、トップチームとレディースの選手・スタッフが、サマーフェスタに参加しました。約8500名の皆様にご来場いただいた今回のサマーフェスタ。呂比須監督は「暑い中ですが、来てくださってありがとうございます。いつも応援していただき、感謝しています。今日は皆様と一緒にいい一日にしたいと思います」と、冒頭の挨拶で語っていました。

photo
photo
飲食ブースやスポンサーブースでは、選手、スタッフがサポーターの皆様をおもてなし。温かい心の交流があちこちで見られ、選手たちもモチベーションを高めていた様子でした。毎年恒例のオークションも、大野選手らが場を盛り上げ、活気に包まれていました。

photo
フットボールパークでは、笑顔で子どもたちとふれ合っていた選手たち。純粋な眼差しでボールを追いかける子どもたちの姿を目にし、自分自身の気持ちもさらに上向いたことでしょう。

photo
トークショーには、森下英矢さん司会進行の下、矢野選手、大武選手、小泉選手、タンキ選手が参加。チームに加わったばかりの大武選手、タンキ選手のパーソナリティはやはり気になるところであり、たくさんの注目が集まっていました。

photo
閉会式に先立って行われた選手パフォーマンスでは、レディースの若手選手たちがダンスを披露しました。ファッションや振り付けなど、この日に向けて入念に準備してきた選手たち。懐かしい曲と最近のお笑いがミックスされ、スタンドからは笑いと温かい拍手が沸き起こっていました。

photo
皆様からいただいた声援を巻き返しへ向けた原動力にし、トップチーム、レディース共に、強い気持ちでシーズン後半戦を戦っていきます!!今日はたくさんのご来場、本当にありがとうございました!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP