NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > 今季初練習
2018.01.12フォト日記
今季初練習
photo
トップチームの今季初練習となった今日は、県内各地で警報が発令されるほどの大雪となりました。HARD OFF ECOスタジアムの屋内練習場でトレーニングは行われましたが、安全が第一ということで、聖籠の選手寮のメンバーは新潟市内に移動せず、聖籠クラブハウスで体を動かしました。

photo
生駒フィジカルコーチの指導の下、ジョギングや体幹トレーニングなどを通し、体を呼び起こしていた選手たち。キャンプでは厳しい練習が続いていくことになると思いますが、アクシデントなどを避けるためにも、しっかりと導入の部分から集中して取り組んでいきます。

photo
「波乱のスタートでしたけれども(苦笑)、こういう状況でも無事にスタートできたのは良かったと思います」と鈴木監督は初日を振り返ります。全員が練習で顔を合わせることはできませんでしたが、新潟でも聖籠でも、与えられた環境の中で選手、スタッフが最善を尽くしていました。

photo
今季10番を背負う加藤選手。練習後の取材現場でも、多くのメディアさんから背番号について聞かれていました。「チームから提案をもらって、『つけさせてください』と言った。それだけの覚悟を持って、シーズンに臨まないといけない」と、表情を引き締めて口にします。

photo
明日も引き続き、チームはHARD OFF ECOスタジアムでトレーニングを行います。そして午後からは、新潟県民会館で「2018アルビレックス新潟激励会」が開催されます。サポーターの皆様の熱量、パワーを身近で感じながら、より一層士気を高め上げていきたいと思います。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP