NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > アルビレックス新潟2018激励会
2018.01.13フォト日記
アルビレックス新潟2018激励会
photo
昨日に引き続き、トップチームはHARD OFF ECOスタジアムでのトレーニングとなりました。まだまだ厳しい冷え込みはありますが、幸いにも朝方は降雪は少なく、無事全体が集まって練習を行うことができました。レクリエーション的なメニューも交えながら、コミュニケーションを深めていました。

photo
GKも3人がそろい踏み。お互いに仲間であり、ポジションを争うライバルでもありますが、キャンプでも切磋琢磨し合う関係を保ちながら、ベースを引き上げていってほしいところです。

photo
トレーニングを終えると、神明宮へと場所を移し、毎年恒例の必勝祈願を実施しました。凛とした空気が漂う中で、願いを込めていた選手たち。絶対目標であるJ1昇格へ向け、より一層気持ちが引き締まったことでしょう。

photo
必勝祈願の後は、チームは新潟県民会館で開催された「2018アルビレックス新潟激励会」に参加しました。今年も会場は満員御礼。選手・スタッフ入場では、鮮やかなコレオグラフィーと共に、大声援でサポーターの皆様に迎えていただきました。

photo
冒頭ではアルビレックス新潟後援会からの支援金の贈呈があり、馬場潤一郎後援会長より、中野幸夫代表取締役社長に目録が手渡されました。どんなときでもチームを支えてくださる後援会員の皆様の力が、アルビレックス新潟には欠かせません。その温かい思いに、心から感謝を申し上げます。

photo
会の中頃には、2018シーズンのオフィシャルスーツ、ユニフォームの紹介がありました。今季からは新たにデンカ様、ナミックス様、NSGグループ様の3社様より、ユニフォームスポンサーとしてサポートをいただくことになりました。たくさんの期待と共に、クラブ一丸となって戦ってまいります。

photo
毎年好評のトークコーナーでは、MCの平畠啓史さんの進行のもと、軽快なテンポでトークが展開されていきました。今季からチームに加わったメンバーがフレッシュな表情で挨拶をすれば、ときには選手の意外な一面や素顔も垣間見れたりと、ご来場の皆様にも大いに楽しんでいただけたようです。

photo
最後はチームを代表して鈴木監督が挨拶し、激励会は閉会。「見ていて楽しい、なおかつ組織力を持った、強いアルビレックス新潟を作っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」というメッセージに、会場からはひときわ大きな拍手が沸き起こりました。さらに勝利への決意を固くしたトップチームは、明日以降も士気高く練習、キャンプに臨んでいきます。

photo

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP