NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > 引き締め直して&ヘイス選手移籍加入内定
2018.09.11フォト日記
引き締め直して&ヘイス選手移籍加入内定
photo
昨日、一昨日は急激に冷え込んだものの、今日の聖籠には再び温かな陽気が差し込みました。選手たちはそれぞれ充実したオフを過ごせたようで、晴れやかな表情でクラブハウスに集合。今週末の金沢戦に向け、トレーニングがスタートしました。

photo
練習はいつものように筋トレスタートとなり、体をいじめ抜いていた選手たち。鍛錬を積み重ねた先に、求める結果は待っています。ピッチでのセクションでも、一人ひとりがフィジカルコンタクトを厭わず、高い強度を保って取り組んでいました。

photo
ホームで大きな一勝をつかんだのは事実ではありますが、決してここで満足するわけにはいかず、「我々がやらなければいけないことは変わらない」と語っていた片渕監督。パスコントロールの練習においても、少しでも精度を欠く場面があれば、「ゲームの準備は始まってるぞ!クオリティ高く!」と選手たちを引き締めていました。

photo
10vs10で目立っていたのが、ボールホルダーに対するプレッシャーの早さ。岐阜戦では、連動した守備があったからこそ、迫力ある攻撃を生み出すことができました。チーム全体のハードワークは、自分たちのサッカーの生命線。次もスタイルを継続させ、ビッグスワンで連勝を狙います。

photo
一部メンバーでの実施となった午後のトレーニングでは、シュート練習を中心としたメニューが行われました。午前がかなりハードな内容だったこともあり、負荷はコントロールされていましたが、フィニッシュの精度にはコーチ陣から厳しく要求の声が飛んでいました。

photo
移籍加入内定が発表されたヘイス選手も、さっそく今日からトレーニングに合流していました。「こうしたチャンス与えてくれた新潟に感謝している。自分の持っているものを最大限アピールして貢献したい」と意気込みを聞かせてくれたヘイス選手。確かな足元の技術など、実力の片鱗を見せていました。

photo
ブラジル人選手のみならず、新たなチームメイトと早くもコミュニケーションを取り合い、「みんなにいい雰囲気で受け入れてもらえた。とてもうれしい」と笑顔をのぞかせていました。新潟の地で、その力を遺憾なく発揮してほしいところです。残り10試合となったリーグ戦へ、頼もしい仲間が加わりました!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP