NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > 攻守の切り替え&第2回日本サービス大賞「地方創生大臣賞」受賞祝賀会
2018.09.12フォト日記
攻守の切り替え&第2回日本サービス大賞「地方創生大臣賞」受賞祝賀会
photo
今日のトップチームのトレーニングはミーティングスタートとなり、前節の振り返りなどを進めた後、選手たちは実戦形式のメニューを中心に汗を流しました。一人ひとりの勝利へ懸ける思いは非常に熱く一切の弛緩を許さない雰囲気がチーム全体から感じられます。

photo人数やルールなどに変化を加えながら練習メニューは進んできましたが、一貫してテーマに設定されていたのが、攻守の切り替えの部分。激しいプレッシングを得意とする金沢を迎えるうえで、重要なポイントになることは間違いないでしょう。際(きわ)の勝負に、強くこだわっていきます。

photo
6vs6のトレーニング中、マイボールに切り替わった瞬間にすばやくスペースへと飛び出し、チャンスをつなげていた戸嶋選手。前節は初ゴールも含め、2得点に絡むすばらしい活躍を見せてくれました。チームの勝利に貢献し続けようと、ほとばしるエネルギーと共に練習に励んでいます。

photo
ゲーム形式の最後セットでは、テーマをもう一度確認し、力を振り絞っていた選手たち。プレーのスピード感は最後までまったく落ちることなく、緊迫した攻防が繰り返されていました。

photo
2日間続けてハードな内容となりましたが、「トレーニングで苦しんで、ゲームでいいパフォーマンスを発揮したいので、そういう状況をつくりました」と片渕監督は語ります。どんなにタフな戦いが待っていたとしても、相手を上回る気迫をピッチで示せるよう、ベストを尽くします。

photo
試合までトレーニングは残り2回。細かい戦術的な部分を詰めながら、ベストコンディションをつくり上げていきます。

photo
また今日18時半からはホテルイタリア軒で、「アルビレックスグループ 第2回日本サービス大賞『地方創生大臣賞』受賞祝賀会」が開かれ、アルビレックス各チームの関係者、来賓の方々が一堂に会しました。今回の受賞は「アルビレックスグループが企業スポーツではない地域密着型の運営を実現し、スポーツ文化の醸成と地方創生に貢献しているサービスであること」が評価されたもの。株式会社アルビレックス新潟 池田弘取締役会長の挨拶の結びでは、「新潟が世界で最もスポーツで活性化した街になることを信じて、今回の挨拶とさせていただきます」とさらなる発展へのメッセージが掲げられました。

photo
photo
アルビレックス新潟からはトップチームの小川佳純選手、レディースの中村楓選手が参加しました。2枚目は歓談の席で、新潟アルビレックスBBの五十嵐圭選手と、カメラに笑顔を向けてくれた小川選手。さまざまな競技、企業の方々との交流を楽しみ、また刺激ももらったことでしょう。新潟を代表してプレーする誇りを胸に、サッカーを通じて地域をより一層盛り上げていくために、アルビレックス新潟は戦い続けます!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP