NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > ホーム連勝を&I神戸戦に向けて
2018.09.14フォト日記
ホーム連勝を&I神戸戦に向けて
photo
連勝を懸けたホームゲーム、ツエーゲン金沢戦が明日に迫ってきました。今日のトレーニングは冒頭部分公開となり、戦術面の最終確認をメインに実施。気持ちの面でも、選手たちの表情からはほどよい緊張とリラックスが感じられ、準備万端の様子がうかがえました。

photo
金沢を率いるのは、2015シーズンまで新潟で指揮を執った柳下正明監督。かつてチームの危機を救い、熱く選手を導いてくれたことへの感謝の気持ちは尽きませんが、敵将として迎える以上、自分たちは勝つことに集中するのみ。ホームの声援を味方に、闘志を込めて試合に臨みます。

photo
前節は前半だけで3ゴールを奪い、圧倒的な存在感を放った河田選手。「自信を持って、ゴール前での仕事をやれている」と頼もしいコメントを聞かせてくれました。サイドの選手との連携においても、今週のトレーニングでさらに積み上げを進めることができた様子。ホームの舞台で、連続ゴールに期待が懸かります。

photo
「この流れを続けることが大事。しっかり今回も勝って、サポーターの皆さんと喜び合いたい」と話すのは渡邊泰基選手。岐阜戦で2アシストをマークしましたが、「一回きりの結果では意味がない。結果を出し続けられるようにしたい」と貪欲に語っていました。明日も左サイドを駆け上がり、決定機を生み出してくれることでしょう

photo
金沢戦はデンカビッグスワンスタジアムで19時キックオフ。ホームで勝星を重ねることで、必ず勢いは加速していくはず。この一戦の大切さを胸に刻み、選手たちは攻守ともにアグレッシブに走り抜きます。ぜひ会場で、共に闘いましょう。たくさんの応援、よろしくお願いします!!

photo
レディースは、16日(日)にアウェイでINAC神戸レオネッサとの対戦を控えています。前回対戦では、相手に攻め込まれながらもセットプレーからの得点により1-0で勝利。相手ペースの時間帯をいかに耐えるかが、勝利へのカギとなるでしょう。山谷選手はボールホルダーへの強烈なアプローチと献身的なカバーリングで、相手の攻撃の芽を潰そうと意気込んでいます。全員が集中し、得点を奪うための守備を続け、チャンスをものにしたいところです。

photo
前節の日テレ・ベレーザ戦は5失点を喫する悔しい敗戦を喫しました。チームは次の戦いに向けて、チームミーティングを行い修正点を明確にしたうえで、気持ちを切り替えてトレーニングに励んできました。I神戸戦は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で17:00キックオフ。ぜひ、熱い応援をよろしくお願いいたします!!

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ユニフォーム
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP