NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > 確かなスタート&表敬訪問
2019.01.11フォト日記
確かなスタート&表敬訪問
photo

トップチームが今季初練習を迎えた今日。気温は低いながらも、時折陽がさす一日となりました。ここ数日の雪により昨晩まで真っ白に覆われていたピッチも、今朝には緑の芝がしっかりと見えるまで回復。例年のこの時期と比べると、良好なコンディションで選手たちはトレーニングに励みました。


photo

さっそくボールを使いながらトレーニングをしていたのはゴールキーパーの4選手。「ジェルソンコーチの練習がいきなりきつかった」と練習後にコメントしていた野澤選手ですが、久しぶりの聖籠でのトレーニングに嬉しさを体現していました。

photo

ランニングとラダーを使ったメニューで汗を流したのはフィールドプレーヤーたち。ランニングでは常に先頭を走って初日からチームを引っ張っていたのは加藤選手。トレーニングでの姿勢そのままに、「今年はやれるという決意がある」と力強いコメントを残していました。

photo

午後からは是永大輔代表取締役社長、片渕浩一郎監督、野澤洋輔選手、早川史哉選手が溝口洋新潟県副知事、中原八一新潟市長を訪問させていただきました。
最初にお伺いしたのは新潟県庁。片渕監督は、「新潟の皆さんとともにいいゲームをして喜び合いたい。期待してほしい。」と昨日の新体制会見と同様、力強く語っていました。

photo

久しぶりに帰ってきた新潟の街の印象を聞かれた野澤選手。「寒いのは変わらないが、久しぶりに帰ってきてワクワクしている。」と笑顔で答えていました。

photo

デンカビッグスワンスタジアムに何度もお運びいただいている溝口副知事からは、J1昇格を果たすために新潟県として様々な形で応援していきたいと心強いメッセージをいただきました。

photo

続いて伺ったのは新潟市役所。中原市長からは、ホームタウン新潟市を代表して力強い握手と激励の言葉をいただき、地域から寄せられている期待を強く感じられました。

photo

新潟市西区出身の早川選手は「新潟出身の責任・自覚を持って貢献したい」と落ち着いた口調で熱い決意を表明していました。支えてくださっている地域の皆様とともに、機運を創り、雰囲気を生み出して今シーズン全力で走っていきます。

photo

明日も引き続きクラブハウスでのトレーニングを予定。そして午後には新潟県民会館で開催される「2019アルビレックス新潟激励会」に選手たちは参加します。どんな時も温かくクラブを支えてくださる後援会員やサポーターの皆様の思いを力に変えて、スピードを上げて走っていきます。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP