[サンプル] 監督コメント

2018明治安田生命J2リーグ 第6節 徳島ヴォルティス戦


アルビレックス新潟:鈴木 政一監督

短いです。内容はともかく、本当に選手は最後まで粘り強く1点を守りきったゲームだったのではないかなという気がしています。以上です。

質疑応答

――ホームでの初勝利について。

前節ホームで黒星ということで、選手も我々スタッフもそうですが、これだけ応援してくれるサポーターや、日ごろから雪かきも含めて協力してくれている人たちへ、やはりホームで勝たなければいけないと、みんなで共有していました。

なんとか今日のゲームで、内容はともかく結果として勝利をプレゼントできたことに安心してはいます。できれば次の試合では内容のあるサッカーで、勝利をプレゼントしたいと思います。

――内容の部分で最も不満に思っていることは。

くさびボールを入れさせすぎということです。ハーフタイムでも言ったのですが、やはりどうしても食らいついてしまって、全部のくさびボールをツートップへ入れ込まれていました。一番ピンチになるパターンです。

ずっと言い続けてきたことなのですが、疲れもある中で、ファーストディフェンダーやオンのプレーヤーのアプローチの判断、またオフのプレーヤーのマーキングポジションという部分です。

その中で、原選手はくさびボールに対してインターセプトを狙ってくれたので、ピンチを摘むことができたプレーもありました。しかし、あそこまで入れ込まれると苦しいものです。

もうひとつは、攻撃のところで奪った時にスペースをうまく使うというところ。守備で動かされている時間が多かった分、攻撃でのサポートにいけない。こういうことは後半にあったと思います。また改善していきたいと思います。


――戸嶋選手と渡邉新太選手の起用理由は。

戸嶋選手に関しては、チーム戦術でのポジションの役割を理解した中で、まだプレーの判断もパスの精度、いろいろな部分のレベルアップをしてもらいたい選手ですが、彼の運動量というのは、チームに十分貢献してくれたと思います。

そして、高木選手に疲れも見えてきた中で、いろいろな選手がいますが、新太選手を使ったというのは、人に強いというのもありますし、どちらかと言えば積極的に仕掛けられる選手であるからです。1-0では収まらないだろうという中で、奪った瞬間、彼がサポートにいき得点チャンスに加わってくれればいいと期待を込めて新太選手を出しました。