[サンプル] 選手コメント

【試合終了後選手コメント】

加藤 大

内容どうこうは関係なく、勝点3をしっかり取ってサポーターに届けないといけないと思っていた。その点に関しては一安心。相手が3枚の時の守備の仕方で少し戸惑ったところはあったが、うまくカワ(河田選手)が点を取ってからは「相手が運んでくるところから守備をすればいいかな」と、ミチくん(安田選手)と話し合っていた。それが0-0のまま進んだのであれば、自分たちの守備の仕方、攻撃の仕方を考えてやっていかないといけない。

自分としては相手がどう出てくるか見たいところがあって、相手も少し前にボールを運んでくると思っていた。入ってきた時の縦パスや中につけるパスは強くいこうと話していた。その危ない場面でしっかりと2人、3人で寄せることはできていた。

取ったあとにボールをクリアする位置をFWとディフェンスラインで共有したり、つなぐにしてもボールを相手のプレッシャーからうまく剥がして落ち着かせるところは、もっとチームで話し合ったり、練習で築き上げていかないといけない。

徳島はあのサッカーを、去年、一昨年くらいからやっているので、相手の方が繋ぐ部分においては上回るだろうというのは試合前から分かっていた。新潟はどちらかというと、そういう相手の方が戦いやすいところはある。ただ、今日はクリアボールを上手く拾えなかったり、そこを起点に(ボールを)取ったあとに相手を押し込んでボールを動かすことが、あまりできなかった。そこは、もっと意見やイメージを合わせていきたい。

徳島はポゼッションの部分もそうだが得点力のあるチーム。そこをしっかりとゼロに押さえたところは自信にもなる。メンバーを固定してやれているわけではないので、チーム力が少しずつ付いてきているのかなと思う。個々の判断や監督の求めることも上がってきているからこそのゼロだと思うので続けていきたい。

原 輝綺

相手が(好調の)徳島だったので、なおさら気合いが入った。徳島相手にゼロで抑えられたのは自信になる。3バックのような形でワイドに人数をかけてきて、きつい場面もあったが、最後は自分とジュフンのところで守れれば問題ないと思っていた。ただ、やられてもおかしくないシーンもあったので、また一週間チームとして突き詰めながらやっていきたい。

(くさびのボールが入ったときに)行けるときはがっつり行って、そこでボールを取れなくても、前を向かせなければいいと思ってやっていた。逆にボールが入った時に、3人目の選手が自分の脇を狙う動きをしていたら、わざと食いつかないようにしていた。くさびを入れさせてしまったように見えたシーンもあったかもしれないが、はがされるのが一番怖いと思っていたし、そういうところを考えながらやれた。

(終盤に間一髪で決定機を防いだ)そういうピンチはない方がいいが、あの場所にいたというのは意味のあること。ジュフンも自分のカバーをして、自分もジュフンのカバーをするという、いい関係が築けたと思う。

(コンパクトな守備ができていたが)監督からラインを下げるなと言われていて、前で人数を合わせろとも言われていたので、なるべく下げないようにやっていた。ただ、ラインを上げる中で裏を取られてしまう場面が何回かあった。最後までついていけていたので問題はないと思ったが、そういう場面すらつくらせないように、もっとボールホルダーにプレッシャーを掛けられるような声掛けをしていきたい。

今まで自分が出て、ホームで勝てた試合は一度もなかった。やっとか、という感じ(笑)。(サポーターの笑顔を見て)素直にうれしかったし、ホッとした。ここからが大事なので、また一週間しっかり準備していきたい。

ターレス

(強度の高い試合だったが)チームを助けるために何をしなければいけないかを考えて試合に入った。ボールを落ち着かせることや、前でしっかり体を使ってボールをキープすることが大事だと思っていた。それをうまく表現できていたと思う。

(徳島は)ボールを動かす上手さを感じたし、絶対に昇格争いに関わってくるチームだと思った。そういうチームに勝てたというのは、自分たちにとってすごく良かったこと。前回最下位のチームに負けてしまったということを考えても、今日は絶対に勝たなければいけないゲームだった。今日勝てたことでJ1昇格の可能性を広げたと思うし、これからも続けて勝てるように戦っていきたい。

(ホーム初勝利は)非常にうれしかった。サポーターは勝ちに値する応援を常にしてくれていて、今回やっとそれに報いることができた。しっかりトレーニングを続けて、やらなければいけないことを続けて、次も勝点3を取れるようにしたい。

磯村 亮太

やっとホームで勝ててホッとしている。この前の愛媛戦はふわっと試合に入ってしまったところもあって、スキを見せたらやられてしまうというのはみんなが感じていた。そういう反省を踏まえて、今日は高い集中力を持ってやれたと思う。

(ボランチでコンビを組んだ戸嶋選手は)すごくいいプレーをしていたし、サチのいい部分が出ていた。サチは守備でも前に行くことが多かったので、そういうときは自分がセンターバックの前にいて穴を作らないようにして、お互いを良く見ながらやれていたと思う。

(後半の決定機は)かわすまでは完璧だと思ったが、最後にシュートを失敗してしまった。あれは決めないといけなかった。

今日はカワ(河田選手)がすごいシュートを決めてくれて勝てたが、まだまだ自分たちがボールに触る回数は少ないし、もっと良くしていける要素はたくさんある。謙虚になって、チームの完成度をもっと上げていかないといけない。

徳島はパスコースをつくるのがすごく上手いチームで、相手のアンカーに前を向かれてしまうと、どうしてもくさびのコースを切りづらいところがあった。そういうところをどうするかは今後の課題だし、逆に自分たちがあれぐらいボールを握れるようにならなければいけない。みんなで一試合一試合成長できるように、またやっていきたい。

矢野 貴章

今日は勝ったことが本当に大きい。もう少しボールを保持する時間が長くなれば、もっと自分たちのペースになるが。そうすれば楽にというと言葉はふさわしくないかもしれないが、いろいろプレーのアイディアも出てくると思う。

保持する時間が短くて、その分、相手にボールを持たれると、何が起こるか分からないし、チャンスをつくられることもある。今日はそういう中でも失点せず、最後まで集中して守れたことが良かった。

(相手は後半から2人交代させて、やり方を変えてきたが?)自分たちの守備のところで、相手のアンカーの岩尾選手をうまく消せた。最終ラインにボールを持たれるのは、ある程度、仕方ないとして、徳島は岩尾選手を経由しないとボールを展開できない。それを、試合をやりながら感じられた。岩尾選手のところを消したらロングボールばかりになって、そうなれば跳ね返す力はこちらには十分あるし、狙いどころもはっきりした。

ただ、そこはいい形で消せたけれど、特に後半くさびのボールを多く通させた。相手がやり方を変えたり、体力的に厳しくなったとしても、中はしっかりと締めて、くさびのパスコースを消さないといけない。それによってサイドに展開されてセンタリングを上げられたとしても、崩されて深い位置までボールを運ばれていなければ、ゴール前には人数もいるし、そう簡単にやられることはない。

あとは自分たちがボールを奪った後、どれだけしっかり味方につなげられるか。それができないから、どんどん押し込まれて苦しくなる。ボールを奪ったときこそ大事にしたい。(ポゼッションに差が出たが?)やっぱり徳島は、ボールを動かすのはすごくうまかった。ただ、持たれてはいるけれど、危ない場面を作られたわけでもなかった。

後半、何度もあったが、せっかく自分たちのボールになったときのミスが多すぎる。それが本当にもったいない。自分たちがボールを奪ったときこそ、しっかりボールを動かして、相手を下げさせることが相手にとって一番、嫌なこと。点を取ろうと相手は前掛かりに来ているわけだから、自分たちがボールを失ってもすぐに取り返したいと思っている。そこでこちらがしっかりボールを動かして1枚、2枚はがすと、相手は下がるしかなくなるし、苦しくなる。もったいない場面が何度もあった。

(連戦が一段落し、次節まで1週間の準備期間ができるが?)次も勝つだけ。僕らは勝っていかないといけない。

高木 善朗

1-0で勝ったのは、みんなが体を張ってゴールを守った結果。自分も攻撃では今日は何もできなかったが、守備ではチームに貢献できたと思っている。そこは良かった。守備では相手のセンターバックがボールを持ったとき、ウイングバックへのパスコースを消しながらプレッシャーに行くタイミングを意識した。攻撃ではボールを持ったとき、少し孤立してしまって難しさもあった。その分、フリーランニングを心掛けて、実際、カワが点を取ったところも左に相手を引っ張れたので、それは良かったと思う。

(前節、システム的に似ている愛媛に負けた悔しさをぶつけ、結果も出せたのでは?)愛媛戦をやって、相手にミスマッチの状況をつくられやすいというのがあった。今日はポジショニング以前のところ、ハードワークするという意識をしっかり持って、試合に入った。みんなの運動量でカバーできたし、量でカバーできれば勝てるという自信につながる試合になった。

僕自身、走り負けたくないし、それが新潟のスタイルでもある。溶け込むために、とにかく走った。その上で、攻撃にさらに絡んでいかないといけない。もっと前線に顔を出したり、シュートを打つ場面をつくったり、それが増えていくことで、本当に新潟に溶け込んできたのを実感できると思う。

1試合、1試合、明確な目標を立ててやっている。今日は守備から試合に入るというところ。相手にボールを持たれたら、とにかくそこでチームに貢献して、プラス攻撃で何とかしたかった。攻撃のところはまだまだ。次の課題として取り組んでいきたい。

ソン ジュフン

前半のいい時間帯に点を取れた。後半はしんどい時間も長かったが、それでも無失点で終わることができて、ホーム初勝利ができて良かった。

(CBのコンビが原選手に変わったが?)監督が守備で求めていることは変わらない。輝綺と組んでも、コミュニケーションを取りながらしっかりできた。徳島の選手はフリーランをどんどん仕掛けてくるが、マークの受け渡しもうまくやれた。前半は少し中盤の選手と呼吸が合わないところもあったが、時間が経つにつれて修正できた。

(完封勝利をした上で、今後の修正点は?)少し相手に簡単に縦のボールを入れられたところがある。前線、中盤の選手とコミュニケーションを取って、そういうパスを入れさせないようにしたい。

アウェイでは勝っていたが、なかなかホームで勝てなかったのでサポーターのみなさんをお待たせしたが、今日こうしてホーム初勝利ができてほっとしている。次もしっかり勝って、今度は連勝してみなさんと喜びたい。

堀米 悠斗

前半は良い守備ができていたし、カワくんの個の力で1点取れた。守備としては安定して、これなら守れるね、というのを感じながらやれていた。それは良かったが、相手がハーフタイムで修正してきて、後半45分、どこかでこちらがそれに対応して上回れれば良かった。ただ、それができないまでも、最後は体を張って守れたし、勝てたことが何より大きい。

(後半、もっとうまくやりたかった部分は?)ボールを自分たちで握るのもあるが、まずはいい形で奪わないと。ズルズル下がりながら奪っても、なかなかつながらない。前から守備に行って奪えたら、もう少しボールも持てたかな、と思う。

ただ後半は時間とともにファーストディフェンスがなかなか定まらず、行ってもアンカーがフリーになったり、ボールに寄せ切れなくなっていたので、そうなるとディフェンスラインも思い切って上げられない。くさびがポンポン入る展開になってしまった。ボールにもう少しアタックして、ラインも上げてというのをやろうとはしていたが、ファーストディフェンスが決まらず、ラインを上げられなかったのが後半の45分間だった。

(ディフェンスラインが組み替わっての完封。前半、徳島は原選手のところにロングボールを集めてきたが?)輝綺なら問題なく跳ね返してくれるし、カンペーさんのようにインターセプトも狙える。心配はしていなかった。ディフェンスラインのチャレンジとカバーの関係は、試合をやるごとに良くなっていくもの。その意味で最初は、ミチくんとジュフンがカバーリングに気を使っていた。その分、ジュフンがいつもより中にカバーに深く行くことが多かったので、自分ももう少し絞ることを意識した。実際は、輝綺が負けているようなシーンはなかったし、すごく頑張っていたと思う。

まだまだ最後のところで頑張って何とかしている場面もあるので、もう少し前線をうまく動かして、前でボールを奪いたいというのはある。ただ、それがうまくいかないときに体を張って守ってあげるのも、後ろの選手の仕事の一つ。課題と良かった部分と、どちらも出たゲームだった。

安田 理大

相手はフィロソフィーがあって、やり方を突き詰めてくるチームなので、予想通り難しい試合になったが、結果、勝ち点3をホームで取れたのが何より。個人的にはアウェーチームの一員としても、自分が出たビッグスワンでの試合で今まで勝った記憶がない。今日が初めてかもしれない。何より今年はホームでこれまで勝てていなかったし、たくさんのお客さんの前でホーム初勝利ができて良かった。それに尽きる。

今日の勝敗は、最終的にはクオリティーの差でついた。そして、勝って兜の緒を締めるではないけれど、勝ったときほど次に向けて集中しないといけない。勝ったからすべてオーケーじゃなく、勝ったからこそ、よくなかったところを反省して次につなげないといけない。これで連戦は一段落つく。ここで頭も体もしっかりリフレッシュして、万全の状態で戦えるよう準備したい。

今日は最後のところで、しっかり守り切れていたし、特に前半、ゴールを決めた後に思うような守備ができていた。後半、相手はフォーメーションを変えてきたが、それでも相手はやりにくそうだった。どうしていいか分からない感じを出していた。中盤はボールをつなげるけど、最後どう崩していいか分からないという迷いが相手に見えた。それは自分たちが集中して、最後コースを切ったり寄せに行くべきところを行けていたからだと思う。

(先制直後の守備が、一つ大きかった?)京都戦はセットプレーで点を取った直後にセットプレーで失点していた。そういうところを引き締められたのは良かった。
2試合続けてレフェリングでどうかと思うところもあったが、それも含めてサッカーというのはある。今日はホームで勝ったのがすべて。ここからさらに質を上げて、次は横浜FCとの試合のように、内容も結果も伴う試合をやって快勝したい。

大谷 幸輝

相手にボールを持たれる時間は長かったが、最後のところでみんな体を張ってくれていたし、慌てることなく最後まで守ることができた。最後の部分でみんな準備できていたし、マークもできていたので、最後の縦パスが入って来たところで対応できていた。相手が後ろでボールを動かす分には全然、恐くなかったし、チームで守れた。

(後半、相手が2人同時に交代させてきたが?)前半、パスの出しどころがなくてロングボールを上げてくる感じだった。後半はサイドからの足下のパスやくさびのパスが増えたが、それは試合前から想定していたことで、こちらが何かやり方を大きく変えることなく、みんなで守れたと思う。ディフェンスライン含め、中盤も前線も、走られてもしっかりついて行ったり体をぶつけたり最後はシュートコースを切ったりができていた。そこまで危ないシーンというのはなかった。

(後半、カウンターから危険なシュートに好セーブもあったが?)角度もなかったし、あれは入れられてはいけない場面。触ってポストに当たって、まあ、危なかったが、しっかり止められて良かった。

(最終ラインが変わって無失点)出た選手は自信になると思う。誰が出ても結果を出せるのはとてもいいこと。それで勢いづいていければいい。