フォト日記

アウェイを勝ち抜け!

2018年10月12日
photo
甲府とのアウェイ決戦が目前に迫ってきました。調整となった今日は短めのトレーニングとなり、コーディネーションやシュート練習などで最後の仕上げを進めていた選手たち。身も心も100%に整えられ、あとはキックオフの笛を待つのみとなりました。

photo
相手の甲府は目下3連勝中。個の能力の高さを考えても、難しいゲームが待っていることが予想されます。「フワッとしたところがあればやられてしまう」と気を引き締めていたのは川口選手。シャドーやウイングバックとのマッチアップなど、まずは守備から集中高くプレーし、自分たちのリズムを生み出していきたいところです。

photo
讃岐戦でゴールを挙げた田中選手は「守備陣が頑張ってくれている。攻撃陣も奮起して、もっと点を取れるようにやっていきたい」と力強く語ります。今週のトレーニングでは、攻撃のコンビネーションに磨きをかけてきました。相手の堅いブロックを上回るだけの連動性を発揮し、ゴールを奪いにかかります。

photo
勝つか引き分けで残留が決まりますが、片渕監督は「そこにモチベーションがあるわけではない」と強調します。あくまでも視線は上へ。残り6試合でどこまで順位を伸ばせるかが、チーム全員の意欲の源となっています。甲府戦へ「勝星を取ることに気持ちを向けて、目の前のゲームを闘うだけです」ときっぱりと語っていました。

photo
甲府戦は山梨中銀スタジアムで16時キックオフとなります。狙うは歓喜の6連勝。アウェイの地でも新潟のパワーを示し、ハルヲスウィングを高らかに響かせましょう!たくさんの応援、よろしくお願いします!!

photo
また、明日はレディースもアウェイゲームを控えています。前節は十日町で4得点の快勝を収め、上位へ食い込む道筋も見えてきました。鮮やかなフリーキックで公式戦初得点をマークした唐橋選手は、「今までのどの得点よりも嬉しかった。目に見える形で結果を出せて、これからの自分にとって前向きな1点になった」と、喜びを浮かべながら語っていました。

一方で、チームは無失点で終えられなかったことへの反省を踏まえてトレーニングを積んできました。今回の相手は浦和レッズレディース。リーグ屈指の攻撃力を誇る相手攻撃陣を抑えることが、勝利へのカギとなるでしょう。浦和戦は浦和駒場スタジアムで14時キックオフ。ぜひ会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします!