最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第1節  

2009年03月07日 13:04キックオフ 会場:味の素スタジアム 

過去のゲームを見る
  • 入場者数27.568 人
  • 天候晴れ
  • 主審高山 啓義

FC東京

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

51分 近藤祐介
得点者 44分 ジウトン
53分 ペドロ ジュニオール
68分 大島秀夫
72分 ペドロ ジュニオール
62分 金沢浄→鈴木達也
64分 羽生直剛→ブルーノ クアドロス
64分 近藤祐介→カボレ
選手交代 81分 大島秀夫→チョ ヨンチョル
87分 松下年宏→千葉和彦
89分 マルシオ リシャルデス→酒井高徳
69分 梶山陽平
87分 今野泰幸
警告 78分 本間勲
  退場  
10 シュート 14
9 GK 12
9 CK 6
22 直接FK 16
2 間接FK 9
0 PK 0
選手
20  権田修一 GK  1  北野貴之
 5  長友佑都
15  平松大志
 2  茂庭照幸
25  徳永悠平
DF 17  内田潤
 5  千代反田充
 6  永田充
29  ジウトン
 6  今野泰幸
17  金沢浄
10  梶山陽平
22  羽生直剛
MF 15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 7  松下年宏
24  赤嶺真吾
32  近藤祐介
FW 11  矢野貴章
16  大島秀夫
 9  ペドロ ジュニオール
21  阿部伸行
 8  藤山竜仁
 4  ブルーノ クアドロス
19  大竹洋平
40  鈴木達也
 9  カボレ
13  平山相太
SUB 22  黒河貴矢
 2  中野洋司
 3  千葉和彦
 4  ディビッドソン純マーカス
24  酒井高徳
23  田中亜土夢
20  チョ ヨンチョル
城福 浩 監督 鈴木 淳

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【ハーフタイムコメント】
「しんどいゲームだが、慌てるな。自分たちから崩れることのないように。サイドを起点にボールを動かしていけ。あと45分、良い戦いをして勝ち点を取って帰ろう!」

【試合終了後コメント】
「まず、新潟からたくさんのサポーターが駆け付けて応援をしていただき、ありがとうございました。J1に上がって、開幕戦では初勝利ということで、サポーターの皆様にも喜んでいただけているのではと思います。
ゲームは開幕戦ということもあり、非常に硬い立ち上がりでした。両チームとも長いボールが多くなる中で、最初にFC東京さんが落ち着きを取り戻し、ゲームを作り始めたと思います。その中で、我々はサイドバックを起点に攻撃を仕掛けたかったのですが、向こうのプレッシャーに前にボールを運べず、中盤で失っては攻められる、という展開が続きました。
守備はボールは動かされたのですが、大崩れはしていなかったので、それほど心配はしていませんでした。44分にCKから得点することができ、まずまずの前半だったと思います。

後半は、失点の場面はケアしていたのですが、東京のGKのロングボールのセカンドを拾えずに苦労しました。その辺りは、今後のトレーニングで修正していかなくてはいけないと思います。

その後、立て続けに得点することができましたが、攻撃陣が非常に好調な中で、大島やペドロといった新加入の選手がチームにフィットしてくれて得点を取れたのは、今後にもつながっていくのかな、と思います。また、鹿島とのホームゲームですが、いいコンディションで戦いたいと思います。

――前半、中盤を支配される展開でしたが、ハーフタイムにどのような指示をされたのでしょうか。

サイドを何度か突破されましたが、決定的な場面までいっていなかったので、慌てずにセンターのマークだけを外さないように、とは話していました。また、若干のポジショニングの指示は何人かに出して、後半を迎えるようにしました」

選手コメント

本間勲
「前半はボールを回されて苦しい時間帯もあったが、最後はセンターバック2人が体を張ってくれたし、チームとしてしのげたことが大きかった。逆に、こっちが耐えた後に点を取れたことが、勝つ一つ目のポイントだったと思います。

それから後半、追いつかれましたが、すぐに点を取れたことも大きいですね。FC東京は勢いに乗せると怖いので、相手が出てくる前にリードを奪えたのが2つ目のポイントです。試合の入り方も良かったし、みんな最後のところで体を張って守れたし、来週の鹿島戦にいい状態で臨めると思います。鹿島は、自分たちがチャレンジしていることを試す最高の相手なので、楽しみです」

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP