最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第4節  

2009年04月04日 16:03キックオフ 会場:東北電力ビックスワン 

過去のゲームを見る
  • 入場者数32,022 人
  • 天候
  • 主審山西 博文

アルビレックス新潟

試合終了

前半
後半

横浜F・マリノス

36分 マルシオ リシャルデス
89分 矢野貴章
得点者 56分 栗原勇蔵
82分 ペドロ ジュニオール→チョ ヨンチョル
選手交代 45分 坂田大輔→金根煥
70分 丁東浩→水沼宏太
82分 渡邉千真→齋藤学
72分 矢野貴章
76分 マルシオ リシャルデス
警告 31分 小椋祥平
  退場  
シュート 12
8 GK 6
4 CK 13
14 直接FK 15
3 間接FK 3
0 PK 0
選手
 1  北野貴之 GK  1  榎本哲也
28  松尾直人
 5  千代反田充
 6  永田充
29  ジウトン
DF  7  栗原勇蔵
 3  松田直樹
22  中澤佑二
10  マルシオ リシャルデス
15  本間勲
 7  松下年宏
MF 34  丁東浩
30  小椋祥平
17  兵藤慎剛
 5  田中裕介
11  矢野貴章
16  大島秀夫
 9  ペドロ ジュニオール
FW 14  狩野健太
 9  渡邉千真
11  坂田大輔
22  黒河貴矢
 2  中野洋司
24  酒井高徳
 3  千葉和彦
14  三門雄大
23  田中亜土夢
20  チョ ヨンチョル
SUB 31  秋元陽太
35  天野貴史
15  金根煥
13  小宮山尊信
20  水沼宏太
10  山瀬功治
19  齋藤学
鈴木 淳 監督 木村 浩吉

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
雨の中、多くのサポーターが駆け付けてくれました。本当にありがとうございます。

ゲームはある程度予想した通り、マリノスさんの攻撃が前線の3人を含めて流動的に動いてくるので、それをどう押さえられるか、というところがあったが、ディフェンス陣が1点に押さえて、矢野のゴールを生んだのかな、と思います。

前半から両チームともプレッシャーをかけあう中、若干イージーミスがあって、お互いにチャンスになったり、ピンチになったりとしていました。サイドを起点にしてマルシオのゴールが生まれましたが、ミーティングで話したこと、あるいはトレーニングでやっていたことが、ゴールには出たのかなと思います。

後半に入って、マリノスさんはサイドに少しずつ人数をかけて厚みを増してきました。それに対して、もう少ししっかり守れればよかったのですが、中盤の所をフリーにしてしまい、そこからサイドに展開されるという悪い流れがあり、攻撃を受ける形になってしまいました。ただ、ディフェンス陣が非常に踏ん張って、セットプレーの流れから失点はしましたが、流れの中で崩されることがなく、よく頑張ってくれたと思います。

次は京都戦になりますが、いい準備をして迎えたいと思います。


【ハーフタイムコメント】
やり方は問題ない。このまま続けること。
ゲームの流れを良く読むこと。流れに応じたプレーをすること。
冷静に。自信を持て。勝つぞ!

選手コメント

大島秀夫
勝利は非常にうれしい。古巣ということで、知っている顔も多いし、気持ちが入っていた。勝てたことが何よりです。

試合は3バックに対して横のスペースを速く使ってサイドバックを上げられればと思っていた。いい展開の中で、先制点を取れたと思います。

横浜は能力の高い選手も多いし、苦しい時間があるとは思っていた。失点はしたくなかったが、1失点をしてしまった後も、よく頑張って押さえてくれた。

「今日の試合は大事」と監督からは言われていた。ロスタイムでゴールを決めて勝てたのは自身にもつながる。最後まで応援してくれたサポーターのおかげです。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP