最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第24節  

2009年08月29日 19:03キックオフ 会場:名古屋市瑞穂陸上競技場 

過去のゲームを見る
  • 入場者数12,043 人
  • 天候
  • 主審吉田 寿光

名古屋グランパス

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

20分 玉田圭司
得点者  
64分 三都主 アレサンドロ→阿部翔平
64分 吉村圭司→山口慶
85分 バヤリッツァ→田中隼磨
選手交代 65分 大島秀夫→千葉和彦
72分 松下年宏→酒井高徳
85分 本間勲→川又堅碁
29分 中村直志
59分 吉村圭司
89分 ケネディ
警告 61分 大島秀夫
  
退場   
5 シュート 11
16 GK 8
7 CK 2
19 直接FK 16
2 間接FK 4
  PK  
選手
30  広野耕一 GK  1  北野貴之
 4  吉田麻也
 3  バヤリッツァ
 5  増川隆洋
38  三都主 アレサンドロ
DF 17  内田潤
 5  千代反田充
 6  永田充
29  ジウトン
10  小川佳純
14  吉村圭司
 7  中村直志
 9  ブルザノビッチ
MF 15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 7  松下年宏
11  玉田圭司
16  ケネディ
FW 11  矢野貴章
16  大島秀夫
 8  エヴェルトン サントス
31  長谷川徹
 6  阿部翔平
32  田中隼磨
13  山口慶
17  巻佑樹
18  津田知宏
19  杉本恵太
SUB 22  黒河貴矢
 2  中野洋司
 3  千葉和彦
24  酒井高徳
 4  ディビッドソン純マーカス
23  田中亜土夢
18  川又堅碁
ストイコビッチ 監督 鈴木 淳

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
前半から名古屋さんがボールを支配して、特にうちの左サイドの守備が上手く機能せず、苦しい形でボールを追い回すようになりました。後半に入って、その辺りのポジションの修正をして、徐々にボールが動くようになってきたのですが、なかなか1失点をした後に相手の守りも堅くて、そこを崩すことができなかったように思います。

選手を入れ替えたりシステムをいじったりもしたのですが、あまり効果的な策が打てなかったかなと思います。非常に厳しい戦いが続いていますが、また次に向けていい準備をして、いいゲームをしたいと思います。


【ハーフタイムコメント】
守備をしっかりやって速い攻撃につなげること。

プレッシャーをかけてセカンドボールを拾おう。

もう少しできるぞ。勝って帰ろう。

選手コメント

内田潤
失点の場面はスライディングの種類の選択ミスだった。足下で抑えるのではなく、そのままの勢いで蹴りだしていれば、簡単にクリアできたと思う。それが、止めようとしてボールが足に引っ掛かって、玉田にとっていい方に転がってしまった。僕の判断ミスです。

ただ1失点はしたが、90分、チームとして抑えるところを抑えて、0−1で辛抱して戦えた。向こうの足が止まったというのもあるが、後半は盛り返すこともできた。チームとしてやろうとしたことはできたと思う。

それでも、サッカーは点を取るスポーツであり、勝負事。最後のパワーが足りない。個人、個人が突きつめて、正確性を高めなければ。何となくではゴールは奪えない。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP