最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第27節  

2009年09月26日 19:04キックオフ 会場:広島ビッグアーチ 

過去のゲームを見る
  • 入場者数14,690 人
  • 天候
  • 主審佐藤 隆治

サンフレッチェ広島

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

51分 青山敏弘
得点者 20分 矢野貴章
37分 ジウトン
60分 服部公太→李忠成
75分 横竹翔→楽山孝志
89分 高柳一誠→平繁龍一
選手交代 77分 大島秀夫→エヴェルトン サントス
87分 松下年宏→酒井高徳
89分 マルシオ リシャルデス→松尾直人
76分 楽山孝志
89分 中島浩司
警告 83分 本間勲
  
退場   
12 シュート 8
7 GK 16
8 CK 3
13 直接FK 9
0 間接FK 3
  PK  
選手
34  中林洋次 GK  1  北野貴之
24  森脇良太
35  中島浩司
 5  槙野智章
DF 17  内田潤
 5  千代反田充
 6  永田充
29  ジウトン
14  ミハエル ミキッチ
 6  青山敏弘
22  横竹翔
17  服部公太
15  高萩洋次郎
25  高柳一誠
MF 14  三門雄大
15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 7  松下年宏
11  佐藤寿人 FW 11  矢野貴章
16  大島秀夫
 1  下田崇
19  盛田剛平
32  岡本知剛
16  李漢宰
33  楽山孝志
 9  李忠成
18  平繁龍一
SUB 22  黒河貴矢
 2  中野洋司
28  松尾直人
 4  ディビッドソン純マーカス
24  酒井高徳
 8  エヴェルトン サントス
18  川又堅碁
ミハイロ・ペトロヴィッチ 監督 鈴木 淳

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
非常に苦しいゲームでした。選手が最後までよく頑張ってくれたおかげで、勝ち点3を取って新潟に帰ることができます。

前半、最初の30分くらいまではどちらも様子を見るような感じで、うちもボールを持つ場面がありましたが、なかなかゴールまで迫ることができないという展開だったと思います。ただ、1点目はコンビネーションからいい形で崩すことができて、今後につながる得点だなと思います。

後半に入って、広島さんがかなり攻撃に厚みを増してきて、アクセル全開で入ってきたので、そこをしっかりと守ってカウンターにつなげたかったのですが、残念ながら1失点をしてしまいました。ただ、守りが崩れたわけではなく、若干オフサイド気味のところもあったと思います。

前線に疲れが出てきたので、苦しい中で選手を入れ替えたりしながら、活動量を増して守備をしっかりとやることで残りの時間を費やしました。そのおかげでそれ以上失点をすることなく、勝ち点を取ることができたかなと思います。

これで上位との差が少しずつ縮まってきました。次の戦いに集中していいゲームをしたいと思います。


【ハーフタイムコメント】
前半はプレスが効いている。これを継続しよう。

攻撃は、サイドチェンジを有効に使っていこう。

立ち上がりに気をつけよう。勝つぞ。

選手コメント

三門雄大
きつかった。(積極的な攻撃参加は)監督から前に行っていいと言われていた。ただ、前半の最後に攻められたところや、ボールの失い方が悪いところもあったので、それは修正しなければならない。

今日、90分やってみて、ようやくスタートラインに立てた気がする。昨日の夜は緊張して、よく眠れなかったが、試合会場に来たら、意外に大丈夫だった。試合前には、わんちゃん(松下選手)から「思い切ってやって、ダメならまたしっかり練習すればいいじゃん」と声を掛けられた。

前に出て行く部分は、(本間)勲さんが後ろにいてくれて、ボールを受けるのがうまいから、自分は出て行くイメージを持っていた。ボランチ争いは激しいが、自分の持っているものを前面に出していきたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP