最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第28節  

2009年10月04日 16:04キックオフ 会場:カシマサッカースタジアム 

過去のゲームを見る
  • 入場者数19,288 人
  • 天候
  • 主審東城 穣

鹿島アントラーズ

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

  得点者 28分 マルシオ リシャルデス
61分 本山雅志→ダニーロ
78分 興梠慎三→田代有三
81分 野沢拓也→増田誓志
選手交代 78分 三門雄大→酒井高徳
83分 内田潤→松尾直人
89分 松下年宏→ディビッドソン純マーカス
77分 伊野波雅彦
警告   
  
退場   
14 シュート 10
6 GK 14
10 CK 3
16 直接FK 12
1 間接FK 5
0 PK 0
選手
21  曽ヶ端準 GK  1  北野貴之
 2  内田篤人
 3  岩政大樹
19  伊野波雅彦
 7  新井場徹
DF 17  内田潤
 5  千代反田充
 6  永田充
29  ジウトン
15  青木剛
40  小笠原満男
10  本山雅志
 8  野沢拓也
MF 14  三門雄大
15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 7  松下年宏
13  興梠慎三
18  マルキーニョス
FW 16  大島秀夫
11  矢野貴章
 1  小澤英明
35  パク チュホ
 6  中田浩二
11  ダニーロ
14  増田誓志
 9  田代有三
34  大迫勇也
SUB 22  黒河貴矢
 2  中野洋司
28  松尾直人
 4  ディビッドソン純マーカス
24  酒井高徳
 8  エヴェルトン サントス
18  川又堅碁
オズワルド オリヴェイラ 監督 鈴木 淳

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
非常に厳しいゲームでしたが、新潟に勝ち点3を持ち帰ることができてうれしく思います。サポーターもたくさん駆けつけてくれ、応援をしていただいてありがとうございました。

今日は首位の鹿島さんを相手にするということで、非常に厳しいゲームになるだろうということ、それから1対1では互角に戦えないので、数的有利な状況で守備もしっかりとカバーリングして組織で戦うことを柱にして戦いました。90分間、選手は集中して最後まで粘り強く戦ってくれたおかげで、勝ち点3を持ち帰ることができたと思います。

立ち上がりからかなり厳しいプレッシャーを受けてボールを動かせずに、ほぼ一方的なゲームでしたが、チャンスをしっかりモノにすることができました。守備の方はここ最近非常に安定してきて、特に長いボールやクロスのボールに強さを発揮できているので、そこが崩れていないのが失点をしていない要因かと思います。

何はともあれ、今日は勝って良かったのですが、これから6戦あります。しっかり一戦一戦、我々の持ち味を出して戦っていきたいと思います。


【ハーフタイムコメント】

ナイスゲーム。いいゲームをしている。結果を出して帰ろう。

プレッシングはいい。セカンドボールを拾おう。

慌てずにボールをつないでいくこと。

選手コメント

マルシオ リシャルデス
すごく厳しい戦いでした。鹿島のプレスも速かったですし、攻撃のスピードも速かったので、強いチームと対戦をしたと今日は感じています。その状況で結果が出たのはチームとして大きいし、中でも1点を入れて守りきれたのは次につながってくると思います。これから僕たちはドンドン上位を目指していきたいと思います。

(ゴールは)内田さんからすごくいいパスが来たと思います。監督から攻撃の時はリズムのいい、速いパスを回していこうと言われていたし、相手の裏を狙う速さも求められていたので、両方とも上手くいったのではないかと思います。

この2試合、アウェーで勝てたというのは非常に大きいと思います。そして、リーグにはまだ次があります。次、次と進むにつれて自分たちにはプレッシャーがかかってくるとは思うのですが、その中でも自分たちのサッカーを貫き通していければチャンスはあると思います。自分たちのサッカーを最後まで追求していきたいと思います。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP