最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第30節  

2009年10月24日 16:04キックオフ 会場:ホームズスタジアム神戸 

過去のゲームを見る
  • 入場者数11,463 人
  • 天候
  • 主審奥谷 彰男

ヴィッセル神戸

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

76分 松岡亮輔
得点者  
66分 吉田孝行→大久保嘉人
74分 朴康造→我那覇和樹
87分 茂木弘人→柳川雅樹
選手交代 78分 松下年宏→チョ ヨンチョル
85分 本間勲→ディビッドソン純マーカス
89分 大島秀夫→エヴェルトン サントス
44分 河本裕之
警告   
  
退場   
14 シュート 13
7 GK 16
3 CK 4
10 直接FK 14
4 間接FK 3
  PK  
選手
 1  榎本達也 GK  1  北野貴之
25  石櫃洋祐
 2  小林久晃
 5  河本裕之
26  松岡亮輔
DF 17  内田潤
 5  千代反田充
 6  永田充
28  松尾直人
 7  朴康造
14  宮本恒靖
 6  金南一
17  吉田孝行
MF 14  三門雄大
15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 7  松下年宏
10  ボッティ
21  茂木弘人
FW 16  大島秀夫
11  矢野貴章
30  徳重健太
 3  柳川雅樹
15  内山俊彦
16  古賀誠史
18  田中英雄
13  我那覇和樹
50  大久保嘉人
SUB 22  黒河貴矢
 2  中野洋司
 3  千葉和彦
 4  ディビッドソン純マーカス
24  酒井高徳
20  チョ ヨンチョル
 8  エヴェルトン サントス
三浦 俊也 監督 鈴木 淳

監督コメント

鈴木 淳 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
非常に残念な敗非常に残念な結果になりました。ゲームの内容は予想していた通りになりました。そこで点が取れるかどうかがひとつの焦点だったのですが、後半に入ってマルシオであったり永田であったりと、決定的なところを決められなかったのが後に響いたと思います。

ゲームの内容はそんなに悪くなかったと思います。ただ、中盤から前線にかかるところのイージーミスが多くて、なかなかクサビを入れて、その後にサポートをしていくような形が作れませんでした。一度だけ、三門が抜け出した時は、3人が連動していい形で攻めることができたかな、と思います。

守備については、1失点はしましたが、それほど悪い出来では無かったと思います。むしろ前半から、非常にプレッシャーをかけてよくやってくれたのではないかと思います。


【ハーフタイムコメント】
前半は、コンパクトに守備ができている。続けていこう。

攻撃は、サイドチェンジをいれていくこと。

もう一度集中して、勝って帰るぞ。

選手コメント

三門雄大
(後半、決定的なシュートを放ったが)相手のDFが自分の動きを見ていないことが多かったので、あの動きをすれば1本か2本はチャンスがあるのではと思っていた。あのシーンはボールが出てきて、ファーストタッチもいいところに置くことができたんですが、相手のGKがいい感じで出てきて、少し迷ってしまった。決めたかったです。

(FKからロングシュートを狙うなど意識は高かったが)前半からシュートを狙える場面があった。クロさん(黒崎コーチ)もチームのみんなも「シュートを打て」と言ってくれるし、自分のいい部分でもあると思うので、今後も積極的に出せていければいいと思っています。

勝ち点差は少し離れてしまったけれど、チャンスがないわけじゃない。まずはひとつずつ順位を上げていくことが大事。2連敗してチームとしてはガックリくるかもしれないが、形が悪いわけではないし、しっかり決めるべきところを決めれば勝つことはできる。意識を持って明日から練習に取り組んでいきたいと思います。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP