最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第16節  

2010年07月31日 19:03キックオフ 会場:東北電力ビッグスワンスタジアム 

過去のゲームを見る
  • 入場者数36,910 人
  • 天候
  • 主審村上 伸次

アルビレックス新潟

試合終了

前半
後半

FC東京

15分 矢野貴章
80分 本間勲
得点者 83分 今野泰幸
57分 小林 慶行→三門雄大
73分 ミシェウ→大島秀夫
89分 チョ ヨンチョル→内田潤
選手交代 46分 高橋秀人→梶山陽平
63分 鈴木達也→リカルジーニョ
71分 羽生直剛→大竹洋平
87分 酒井高徳
警告 6分 松下年宏
20分 キム ヨングン
  
退場   
8 シュート 10
11 GK 9
3 CK 4
14 直接FK 11
3 間接FK 3
0 PK 0
選手
 1  黒河貴矢 GK 20  権田修一
22  西 大伍
 3  千葉和彦
 6  永田充
24  酒井高徳
DF 33  椋原健太
 6  今野泰幸
17  キム ヨングン
 8  松下年宏
32  小林 慶行
15  本間勲
10  マルシオ リシャルデス
 9  チョ ヨンチョル
MF  3  森重真人
 4  高橋秀人
11  鈴木達也
22  羽生直剛
11  矢野貴章
 8  ミシェウ
FW  9  赤嶺真吾
39  大黒将志
31  渡辺泰広
 4  鈴木大輔
17  内田潤
14  三門雄大
19  明堂和也
16  大島秀夫
30  ファグネル
SUB  1  塩田仁史
14  中村北斗
10  梶山陽平
18  石川直宏
19  大竹洋平
13  平山相太
16  リカルジーニョ
黒崎 久志 監督 城福 浩

監督コメント

黒崎 久志 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
今日は連戦の3戦目で、コンディション的には非常に厳しい条件でしたが、その中でどういったサッカーをするかという所で、上手くポゼッション、パスを回してイニシアチブを取ったサッカーができればと思っていました。ただ、逆にFC東京さんにうまく回されて、後手を踏んだ部分はあったと思います。上手くパスカットをして、そこから一発決めて先制点を上げられたのが、今日の試合では大きかったと思います。

後半、相手も選手を代えてさらに圧力を加えてくると思っていました。選手が自陣に張り付くような状態もあったのですが、最後のところで身体を張ったり、チームとして意思統一できたのが、相手の猛攻をしのげた要因かな、と思います。あとは、サポーターの力が、この厳しいコンディションの中で後押しをしてくれたかな、と思います。ありがとうございました。


【ハーフタイムコメント】
・前半はしっかりオーガナイズできている。これを続けよう。

・守備はラインコントロールに気をつけること。

・攻撃はボールを動かそう。慌てず落ち着いて残り45分を戦おう。

選手コメント

本間勲
ゴールの場面は、マルシオが良く見ていてくれた。後半は厳しい時間が続いていたが、ブロックをつくって跳ね返そうと心掛けていた。そして点を取った時のように、チャンスには出て行こうと考えていた。

相手は後半、メンバーを変えてきて、FWにボランチのところに守備に行くように求めたが、相手がボールを受けるのがうまく、なかなかプレスに行けなかった。それでも縦に入った次のところで人数を掛けていこうと、話していた。中盤で相手にボールを持たれるのは仕方ない展開だったので、くさびの次のボールを意識した。

今日の暑さは、連戦じゃなかった僕ですらきつかった。みんな厳しかったはずだが、FWの選手も守備するために戻ってきてくれたし、チームとして良い戦いができた。一丸となっての勝利は、ウチらしい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP