最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第23節  

2010年09月19日 15:03キックオフ 会場:東北電力ビッグスワンスタジアム 

過去のゲームを見る
  • 入場者数29,848 人
  • 天候
  • 主審松村 和彦

アルビレックス新潟

試合終了

前半
後半

京都サンガF.C.

68分 ミシェウ
得点者 37分 郭 泰輝
59分 大島秀夫→川又堅碁
76分 小林 慶行→加藤大
84分 酒井高徳→三門雄大
選手交代 55分 ドゥトラ→中村充孝
64分 西野泰正→柳沢敦
78分 角田誠→染谷悠太
53分 チョ ヨンチョル
85分 本間勲
警告 27分 西野泰正
47分 森下俊
  
退場 66分 郭 泰輝
13 シュート 9
10 GK 7
4 CK 1
12 直接FK 13
6 間接FK 4
1 PK 0
選手
21  東口順昭 GK 29  守田達弥
22  西 大伍
 3  千葉和彦
 6  永田充
17  内田潤
DF 22  渡邉大剛
 5  郭 泰輝
 4  水本裕貴
19  森下俊
32  小林 慶行
15  本間勲
24  酒井高徳
 9  チョ ヨンチョル
MF  9  ドゥトラ
26  角田誠
15  中山博貴
17  中村太亮
16  大島秀夫
 8  ミシェウ
FW  2  西野泰正
10  ディエゴ
 1  黒河貴矢
 4  鈴木大輔
26  中野 洋司
14  三門雄大
29  加藤大
18  川又堅碁
23  田中亜土夢
SUB 21  水谷雄一
 6  染谷悠太
24  増嶋竜也
16  安藤淳
23  中村充孝
13  柳沢敦
31  宮吉拓実
黒崎 久志 監督 秋田 豊

監督コメント

黒崎 久志 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
今日の試合は、そう簡単なものではないと思っていたのですが、京都さんが前回一勝して、その勢いを立ち上がりは感じました。ウチもそれに上手く対応して、いい攻撃にはつなげていたとは思います。ただ、前半も決定的な場面を決め切ることができませんでした。セットプレーは、しっかりと練習はしているのですが、こぼれ球で足が止まってしまってああいった失点を喫してしまいました。

難しい状況にはなりましたが、後半は選手も勢い、『引っくり返す』という強い気持ちを持って戦ってくれたと思います。PKを取って同点に追い付き、その後も何度かチャンスはあったのですが、決め切れなかったのはウチの現状だと思います。しっかりとトレーニングからその辺りはやっていきたいと思います。


【ハーフタイムコメント】
・攻撃は効果的にサイドを使っていくこと。

・リスクマネジメントをしっかり取ること。

・いいサッカーはしている。だが0-1で負けている。自分達でアクションを起こしていかないと変わらないぞ。

選手コメント

本間勲
後半は裏を取るプレーをチームとして意識して、パスが通らなくても高徳らが何度も走ってくれて、それでボールがつながりやすくなった。

ただ、相手が1人退場してからは完全に引かれてしまい、もっと外からのボールを工夫しても良かった。全部、中、中になってしまい、外にボールが行ってもそこで仕掛けるわけではなく、ただつないでいる状態で、相手としても怖くなかったと思う。

外で崩そうという、はっきりしたプレーが少なかった。単にボールを回しているだけで、もっと思い切った動きでサイドを崩すことが必要。

中もオオシさん(大島)や(川又)堅碁など、空中戦に強い選手がいるわけだから、もっとクロスを入れてあげないと。クロスは、守る方からすれば嫌なボールなので。

攻撃が全体的に中、中に偏ってしまい、大胆さがないと思う。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP