最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第25節  

2010年10月02日 16:04キックオフ 会場:キンチョウスタジアム 

過去のゲームを見る
  • 入場者数8,041 人
  • 天候
  • 主審飯田 淳平

セレッソ大阪

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

27分 播戸竜二
84分 丸橋祐介
得点者 72分 大島秀夫
70分 播戸竜二→小松塁
88分 清武弘嗣→藤本康太
選手交代 58分 田中亜土夢→明堂和也
78分 千葉和彦→小林 慶行
  
警告 19分 内田潤
36分 大島秀夫
56分 西 大伍
67分 明堂和也
85分 チョ ヨンチョル
  
退場   
19 シュート 15
10 GK 12
5 CK 1
20 直接FK 11
1 間接FK 3
0 PK 0
選手
 1  松井謙弥 GK 21  東口順昭
20  高橋大輔
 3  茂庭照幸
22  上本大海
19  石神直哉
DF 22  西 大伍
 4  鈴木大輔
 6  永田充
17  内田潤
 6  アマラウ
10  マルチネス
 7  乾貴士
28  丸橋祐介
MF  3  千葉和彦
14  三門雄大
15  本間勲
11  播戸竜二
13  清武弘嗣
FW 23  田中亜土夢
16  大島秀夫
 9  チョ ヨンチョル
27  丹野研太
 2  羽田憲司
 4  藤本康太
16  尾亦弘友希
17  酒本憲幸
25  黒木聖仁
15  小松塁
SUB  1  黒河貴矢
 2  大野和成
26  中野 洋司
25  奥山 武宰士
32  小林 慶行
18  川又堅碁
19  明堂和也
レヴィー・クルピ 監督 黒崎 久志

監督コメント

黒崎 久志 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
立ち上がりからプレッシャーをかけて、奪って速く攻撃に移る、というイメージで臨んだのですが、相手ボランチの選手の能力の高さもあって、うまくかわされてペースをつかむことができませんでした。奪った後も、イージーにボールを取られる場面が多く、攻撃のリズムをつかめず単調になった一因だったと思います。

後半に入って、その辺りをボランチを含めて修正できて、ボールも奪ってからはサイドを起点に仕掛けたり、シンプルに大島に入れてセカンドボールや3人目の動きで攻撃したり、という場面もありました。ただ、2失点目はウチが前がかりになってしまった部分もありましたし、修正するべき点かな、とは思います。


【ハーフタイムコメント】
・ボールを奪うことは出来ているが、奪ったあとのミスが多すぎる。シンプルにつないでいくこと。

・テンポよくボールを回していこう。

・チャンスは必ずある。取り返すぞ。

選手コメント

明堂和也
「1対1になったら仕掛ける、足元でもらうよりも裏のスペースを自分の動きをしてボールをもらえ」と監督からは言われてピッチに入った。自分が動くことによってスペースが空いて味方がボールを受けられることもあるし、みんなが自分の動きを見てパスを出してくれた。

(ゴールにつながったシュートは)あれが自分の持ち味でもあるし、自分のゴールにはならなかったけれど、追いつくきっかけになったので、プラスに捉えている。その後、勲さんからもらったボールはGKの股を狙ったが…。今日は空振りをしてしまったプレーもあって、ゴール前でこそ冷静にプレーしなければいけない。

前節、試合に出させてもらって、結果も出せず、チームの助けにもなれなかった。今日は何としても得点に絡みたかったので、気持ちが前面に出て、いいプレーができた。(次は天皇杯)自分らしく、試合に出てチャンスを多く作って結果を出すことが大事。次もがむしゃらにやるだけ。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP