最新試合結果

Jリーグ ディビジョン1 第13節  

2011年05月28日 14:01キックオフ 会場:埼玉スタジアム2002 

過去のゲームを見る
  • 入場者数25,272 人
  • 天候
  • 主審廣瀬 格

浦和レッズ

試合終了

前半
後半

アルビレックス新潟

22分 エジミウソン
得点者 70分 鈴木大輔
72分 高崎寛之→原一樹
77分 鈴木啓太→山田暢久
選手交代 46分 三門雄大→小林 慶行
57分 木暮郁哉→田中亜土夢
89分 ミシェウ→大野和成
60分 宇賀神友弥
85分 山田暢久
90+4分 スピラノビッチ
警告   
  
退場   
6 シュート 10
8 GK 6
9 CK 2
20 直接FK 19
1 間接FK 3
0 PK 0
選手
 1  山岸範宏 GK 21  東口順昭
 5  高橋峻希
 4  スピラノビッチ
17  永田充
 3  宇賀神友弥
DF 24  酒井高徳
 4  鈴木大輔
 3  千葉和彦
 5  石川直樹
13  鈴木啓太
 8  柏木陽介
10  マルシオ リシャルデス
24  原口元気
MF  6  三門雄大
15  本間勲
14  藤田征也
 8  木暮郁哉
16  高崎寛之
 9  エジミウソン
FW 10  ミシェウ
11  ブルーノ ロペス
18  加藤順大
 2  坪井慶介
12  野田紘史
 6  山田暢久
20  堀之内聖
21  原一樹
15  エスクデロ セルヒオ
SUB 30  小澤英明
 2  大野和成
19  長谷部彩翔
32  小林 慶行
16  大島秀夫
18  川又堅碁
23  田中亜土夢
ペトロヴィッチ 監督 黒崎 久志

監督コメント

黒崎 久志 監督(アルビレックス新潟)
【試合終了後コメント】
今日は色々な意味で注目された試合だったと思いますが、選手はキックオフからしっかりと戦ってくれました。前半は相手を多少リスペクトし過ぎた部分もあって、球際などに行けずに相手に押し込まれたところもありました。浦和さんも前節、ビハインドから追いついた勢いもあったと思いますが、セットプレーから1点を取られたのはゲームプランとして多少崩れてしまった部分はあったと思います。

後半、もう一度相手にしっかりと圧力をかけていこうと話をし、選手たちも奮起をしてセットプレーですが1点を返すことができました。同点ではありますが、埼玉スタジアムで引き分けたのは、新潟にとってはこれまで引き分けも無かったことも考えると、ひとつ階段を上がれたのかなと思います。ただ、ゲーム全体としてビッグチャンスはウチの方が多かったように思いますので、勝つチャンスは十分にあったと思います。


【ハーフタイムコメント】
・前半途中からはウチのゲームができている。慌てる必要はない。

・攻撃はサイドを効果的に使っていくこと。

・チャンスは必ず来る。気持ちを強く持ち、前に出よう!

選手コメント

藤田征也
前半は早い時間帯に失点しまったが、そこからチームとして立て直すことができた。良い攻撃の形を作ることができたし、自分たちの時間帯もあったと思う。右サイドハーフはもともとやっていたポジション。自分の良さを出すためにどんどん裏を狙って、積極的にクロスをあげようと意識してゲームに入った。そこからチャンスを作ることもできたので、ある程度の仕事はできたと思う。

相手に先制されながらも追いつけたことは、必ず次につながる。満足はしていないが収穫のあるゲームができた。(次節まで)時間が空くので、これまでの試合で出た課題を修正して、再開した時にいいコンディションで試合ができるようにしたい。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN
2018年ユニフォーム

PAGE TOP