アカデミーNEWS

TOP > アカデミーNEWS > U-18 > アルビレックス新潟U-18 シンガポール遠征リポート【第6回】
2017.03.16U-18
アルビレックス新潟U-18 シンガポール遠征リポート【第6回】
いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。アルビレックス新潟U-18では、3月10日(金)~3月18日(土)の期間、シンガポール遠征を行っています。アルビレックス新潟U-18スタッフによる遠征リポート第6回を更新いたします。


皆さんこんにちは。

シンガポール遠征もいよいよ折り返し地点を過ぎました。
毎日が濃い内容のせいか、とても時の流れが早く感じます。
3月15日の午前中は、シンガポールに未だ唯一原生林が残るウビン島に行ってきました。
本土から船ですぐに行ける小さい島なのですが、島内には野生の猿や猪、珍しい鳥などが生息していてタイミングが合えば間近で見る事ができます。

4グループに分かれて、それぞれが好きなルートで島を巡る。
移動手段はマウンテンバイクなので、少々の悪路でも全然問題なし!
と…行きたかったのですが、アクシデントは付き物でした。
チェーンが外れることしばしば。
ただ、すぐに自分達で直して島巡りを続けて、見事に猿や猪を間近で見る事ができました。
青空の下、マウンテンバイクでの疾走はとてもリフレッシュできたと思います。

午後はSリーグに所属するWARRIORSというプロチームと試合を行いました。
過去に何度もリーグ優勝などをしている強豪です。
さすがにプロ選手なので、プレーのクオリティは上がります。何度も危ない場面を作られ、球際での戦いや判断スピードもワンランク上の強さ速さを求められます。
粘り強く戦いながらも結果は3-3のドローでした。
勝つチャンスはあっただけに悔しい試合でしたが、また一つ経験を積めたと思います。
明日はいよいよシンガポールでの最後の活動日となります。

いい形で遠征を締めくくれるように頑張ります。

それではまた。

photo
photo
photo
photo

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB
DAZN

PAGE TOP