NEWS

TOP > ニュース > フォト日記 > 山本康裕選手が合流
2014.06.17フォト日記
山本康裕選手が合流
photo
先週再始動したトップチームは1日オフを入れ、今日から再びトレーニング。午前にクラブハウス内でのウェイトトレーニングを中心としたフィジカルを、午後はボールを使ったメニューを行いました。

photo
柳下監督は先週、「徐々に負荷を高めていきたい。次は2部練習を入れ、魚津ではもう少し負荷をかけていく」と話をされていました。厳しいトレーニングは続きますが、ここでしっかりフィジカルを作っていくことが大事なのは全員が認識していること。歯を食いしばり、向き合っていきます。

photo
そして、昨日ホームページでお伝えしましたが、新潟に頼りになる新しい力が加わりました。ジュビロ磐田から山本康裕選手。さっそく昨日新潟入りし、今日のトレーニングから完全に合流しています。

photo
ジュビロ磐田ではJ1で124試合通算出場するなど、主力として活躍していた山本選手。今シーズンはなかなか出場機会を得られていませんでしたが、決意をもって新潟に飛び込んできたとのこと。精悍な表情で、さっそく厳しいメニューをすべて消化しました。

photo
新潟移籍を決断した理由のひとつに挙げたのはジュビロ時代に指導を受けた柳下監督の存在。「一番お世話になっていて、プロとは何かを教わった」と、自身を鍛え上げてくれた恩師のもとで、さらに選手としての成長を目指していきます。

photo
さらなる成長を目指すのはほかの選手たちも同様。午後のトレーニングではミニゴールを使っての6vs6などが行われましたが、よく声も出て、チームが狙う背後を狙う動きも随所に表れていました。ひとり加わったということは、よりポジション争いが激しくなるわけでもあります。トレーニングはハードに、そして競争もどんどん加熱していきます。

photo
また、夕方からは急きょ、先ごろホッフェンハイム移籍が発表されたキム・ジンス選手がサポーターの皆様へのお別れメッセージを述べる場を設けさせていただきました。ジンス選手がわずかな時間ですが新潟に戻ってきたということで、急きょではありますが実施しましたが、会場のデンカビッグスワンスタジアムには約700人と多くのサポーターの皆様がご来場されました。急きょ会場を会議室からEゲート前広場に移動させたほどです。

photo
ジンス選手は「19歳で新潟に来て、皆さんに温かい声援をもらって本当に成長することができました」とし、「また新潟に戻ってきたい」とサポーターの皆さんに話してくれました。ジンス選手の今後の活躍を応援しましょう。

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
JCB
DAZN
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画

PAGE TOP