NEWS

TOP > ニュース > トップチーム > 早川 史哉選手の契約について
2017.01.10トップチーム
早川 史哉選手の契約について
photo
いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。2016年4月に急性白血病と診断された早川史哉選手は、現在、病気の寛解とピッチへの復帰を目指して治療を行っております。骨髄の移植手術も2016年11月に行われるなど、寛解に向けての治療は着実に進んでおります。改めて、ファン・サポーターの皆様、全国のサッカー関係者の皆様、また早川選手に対して温かいご支援や激励の手を差しのべていただいている皆様に、心から御礼を申し上げます。

アルビレックス新潟では、早川史哉選手とは選手契約を締結しておりましたが、急性白血病からの寛解に向けて治療に専念をするために、トレーニングが開始できる期間まで、現在履行している選手契約をいったん凍結することとなりましたので、お知らせいたします。

アルビレックス新潟では、今後もクラブを挙げて早川史哉選手の寛解、またピッチへの復帰に向けて全力でサポートを行ってまいります。引き続き皆様におかれましては、温かく見守っていただけますよう、心よりお願い申し上げます。

■治療について
4月24日に行われた2016J1リーグ1stステージ第8節・名古屋グランパス戦後にリンパ節の腫れが認められる。翌日に新潟市内の病院を受診・検査実施。その後も専門医の慎重な診断を行ってきた結果、急性白血病と診断された。
診断後は新潟市内の病院に入院し、寛解に向けた治療を現在も行っている。2016年11月には骨髄移植手術を実施。寛解、復帰に向けたステップを着実に踏んでいる。

■契約について
早川史哉選手とは2016年2月1日から選手契約を締結していたが、急性白血病の治療期間も本契約は履行されていた。アルビレックス新潟では、早川史哉選手ならびにご家族と協議のうえ、寛解に向けた治療に専念をするために、トレーニングが開始できる期間まで本契約をいったん凍結。復帰の目処が付いた段階で、双方協議のうえ、改めて契約を履行することに同意した。

■中野幸夫代表取締役社長コメント
早川史哉選手には、アルビレックス新潟のサポーターの皆様をはじめ、全国の各クラブのファン・サポーターの皆様、選手をはじめとしたサッカー関係者の皆様、また広く一般の皆様からも、本当に温かい、そして多くのご支援と励ましのお言葉を頂戴していることを、改めて深く御礼申し上げます。

早川選手ご本人も、アルビレックス新潟も、今回のゴールは早川選手が急性白血病との戦いに打ち勝ち、選手としてデンカビッグスワンのピッチに立ち、サポーターの皆様から多くのご声援を頂戴することと定めています。そのために、まずは治療に専念をし、寛解してピッチに復帰後、全力でトレーニングに励んで試合出場を目指すために、どの方法が良いかを協議し、こうした形を取らせていただくこととなりました。

2017年も早川史哉選手の寛解に向けた治療、また選手として復帰することへ向けて、クラブを挙げて全力でサポートをしていくことには何も変わりがありません。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、また多くの皆様におかれましては、引き続き温かく見守っていただけますよう、お願い申し上げます。

■早川史哉選手コメント
いつもご支援いただき本当にありがとうございます。皆様からの温かく、優しいサポートのお力にも頼りながら、1日も早く退院、そして復帰できるように頑張ります。

白血病であると告げられてから、常に前を向いていくと自分自身決めていましたが、ふとした時に以前と大きく変わってしまった自分の体を見て、本当にピッチに戻れるのか不安になることも正直あります。しかし、そんな弱気な自分をまた前向きにしてくれるのは、皆様からいただいた励ましの言葉や手紙などです。ありがとうございます。

このたび、このような形でチームと関わらせていただくことになりましたが、アルビレックス新潟というクラブに、どんな形であれ貢献できるように努めていきます。そしてもう一度アルビレックス新潟に、「28FUMIYA」のユニフォームで戦い貢献するという強い決意を持って日々過ごしていきます。

■早川選手ご家族コメント
ご支援いただいた皆様へ

このたびは、早川史哉への過分なるご支援を賜り、誠にありがとうございました。

昨年の1月に念願のアルビレックス新潟に加入させていただき これからと思った矢先に、本人は勿論の事、私達家族も信じ難い病となり、悲しみと絶望感に打ちのめされました。しかし、アルビレックス新潟様、アルビレックス新潟のサポーターの皆様、全国のサッカーチームの皆様、そして、全国のサッカーファンの皆様から温かい励ましのお言葉、ご支援をいただき、病に立ち向かう決意をいたしました。改めて心より厚く御礼申し上げます。また、病院の先生方はじめスタッフの皆さん、そして快くドナーを引き受けてくださった方のおかげで、順調に治療が進んでおります。

皆様の思いに報いるためにも、1日も早く治癒し、またビッグスワンのピッチに立ってほしいと思っております。

末筆ではございますが、皆様のご健康とご多幸そして、アルビレックス新潟のご活躍をご祈念し、これまでご支援いただいたことに対しましての御礼とさせていただきます。

家族一同

ベースボールマガジン社
Jリーグオンラインストア
インターネットショップ
ポッカサッポロ
愛宕福祉会
必勝祈願アルビレックス新潟応援のぼり旗企画のご案内
JCB

PAGE TOP