• 亀田製菓
  • コメリ
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS
  • 新潟日報
  • アディダス

2014FIFAワールドカップブラジル 日本代表メンバーに選出 酒井高徳選手 コメントについて

2014/5/12
いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。本日、公益財団法人日本サッカー協会より発表された、2014 FIFAワールドカップブラジル 日本代表のメンバーに、2009-2011シーズンアルビレックス新潟に在籍し、現在はドイツ・ブンデスリーガのVfBシュツットガルトでプレーする酒井高徳選手が選出されました。酒井高徳選手からコメントが寄せられましたので、ご紹介いたします。

酒井高徳選手コメント
一言で言うとホッとしました。こっちでシーズンを通して懸命にやってきて、選ばれなくても悔いはないと思っていましたが、いざ発表の瞬間は本当にドキドキしていました。代表選出の知らせは、知り合いの方に電話で教えていただいていました。

南アフリカ大会の時は19歳で、サポートメンバーとして一緒に帯同させてもらい、色々なものを経験し、色々なものを見て、色々なものを感じました。『4年後は自分がこの舞台にいる』と決めて必死にやってきたので、つかめたことにホッとする思いと、嬉しさがあります。同時に、4年間だけではなく、その前から、家族や両親、周りのすべての方々からサポート、応援をいただいたおかげだと、感謝の気持ちがあります。

ワールドカップで特定のどのチーム、どの選手と戦いたいという気持ちは特にありませんが、どことやるのであっても、自分の100%をぶつけたいと思っていますし、日本が目標とする優勝のために、どのチームとの対戦もとても楽しみです。

新潟で育って、ずっと新潟でサッカーをしてきました。先ほどお話した周囲のサポートには、新潟でプレーしてきたクラブチームの監督やスタッフもおられ、深く携わってくださったから現在の自分があります。新潟への気持ちはとても強いものがあります。今回、新潟県人としては初めてのワールドカップ戦士になると聞いています。新潟の歴史に刻まれるのは嬉しいことですし、感謝をしたいと思います。

シュツットガルトでは、今シーズン2回監督が代わり、一時は自分も調子を崩してスタメンから外れる苦しい時期がありました。チームもそうですが、個人的にも上手くプレーができず、悩み、苦しんだこともありましたが、最終的にはどの監督の下でも、ポジションを獲得することができました。どんな状況でも、いかに自分を奮い立たせられるかを考え、色々な面で大きく成長できたと思います。チームも残留を決めて、スターティングメンバーに名を連ねることができましたし、すごくいい経験をすることができました。

ワールドカップの舞台に立ち、どんな思いがあるかは行ってみないと分かりませんが、前回大会で(矢野)貴章さんが行った時に色々な話を聞かせてもらい、目を輝かせていた自分がいたことを、今も覚えています。W杯のピッチに立つのはどの選手も夢に描くことです。夢をかなえられるのは幸せ者ですし、繰り返しですが支えられている思いを胸に込めてやっていきたいと思います。

W杯は世界中から注目される大会で、活躍した選手にとって今後広い世界が待っている重要な大会です。ただ、今はW杯に集中して自分のプレーを100%出すことしか考えていません。日の丸を背負って、日本代表として、新潟代表として、“酒井高徳”らしくやっていきたいです。

新潟のサポーターの皆さんはユースの頃から応援してくださっていて、いつも温かく見守ってくれたことを感謝しています。ドイツには急な移籍で挨拶もできず、心残りがありましたが、新潟に帰ってきた時にクラブハウスで練習していると、かわらず声をかけてくださって本当に温かさを感じています。日本代表で、所属も違いますが、W杯でも同じように応援してくださってもらえると思います。サポーターの皆さんの声援が、自分の力になっています。前回は貴章さんでしたが、今回は自分が新潟代表として行きます。一生懸命がんばってきますので、応援よろしくお願いします。

FOLLOW US

SEASON PASS サービス

ユニフォームパートナー

  • 亀田製菓
  • コメリ
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS
  • 新潟日報

オフィシャルパートナー

  • アディダス

オフィシャルクラブパートナーS

トレーニングウェアパートナー

地域支援パートナー

  • 新潟県
  • ネクスコ東日本

エコロジーパートナー

  • HARD OFF

オフィシャルクラブパートナー

PRバナー