• 亀田製菓
  • コメリ
  • 新潟米
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS
  • 新潟日報
  • アディダス

酒井高徳自叙伝 「W~ダブル~ - 人とは違う、それでもいい - 」販売のお知らせ

2019/3/27

いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
当クラブでは、43日(水)デンカビッグスワンスタジアムで開催する、2019明治安田生命J2リーグ第7FC町田ゼルビア戦(19:00キックオフ)において、酒井高徳選手初の自叙伝となる「W~ダブル~- 人とは違う、それでもいい - 」を販売いたしますのでお知らせいたします。
アルビレックス新潟でお買い求めいただくと、限定デザインのポストカードをプレゼント!この機会にぜひお買い求めください。

W~ダブル~- 人とは違う、それでもいい -
「身体能力を褒められるのが嫌だったんです。技術が足りなかったから、そんなに褒めるなら、この身体能力と技術力を交換してくれと思ってました」
ドイツ人の母を持つ酒井高徳は、身体能力に優れ、中学生になると日本代表候補に選ばれるほどの注目を集めていた。
けれど、彼は自身の最大の武器よりも、ウィークポイントから目をそらすことができない少年だった……。アルビレックス新潟でのプロデビュー、2010年ワールドカップ南アフリカ大会にはバックアップメンバーとして帯同。時期を置かずに代表入りを果たすと、ドイツ、ブンデスリーガへ移籍を果たし、古豪ハンブルガーSVのキャプテンを務めていた。
ブンデスリーガでは、酒井の身体能力が際立つわけではない。しかし、ここでは、日本人特有のカバーリング能力、なにごとにも真摯に向き合い、手を抜かない姿勢、そのリーダーシップが高く評価されている。
ドイツ人の血によって身につけた身体能力は日本での武器となった。
日本人の血によって育まれた高い精神力がドイツでの武器になる。
日本人、ドイツ人、クラブと日本代表、栄光と葛藤、さまざまなWを得て、強くなった男。
日本人初のブンデスリーガ・キャプテンになった酒井高徳が、衝撃の苦悩と原点を綴る

■価格
1,400円(税込)

■判型
四六並製

■発行元
株式会社 ワニブックス
W~ダブル~ - 人とは違う、それでもいい -について

PROFILE
酒井 高徳(さかい ごうとく)
1991314日生まれ。日本人の父とドイツ人の母の間にアメリカで誕生も、新潟県三条市で育つ。
2009年 アルビレックス新潟ユース(現U-18)からトップチームに加入。
20121月、ドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトに移籍。
20157月、ハンブルガーSVへと移籍。古豪の名門クラブでキャプテンに指名される。ブンデスリーガ初の日本人キャプテン。

日本代表としては、U-15から各年代の代表に選ばれ続けてきた。
2010年1月、日本代表に初めて選ばれる。同年のワールドカップ 南アフリカ大会には、サポートメンバーとして帯同。
2012年ロンドンオリンピックに出場する。
2014年ワールドカップ ブラジル大会、2018年ワールドカップ ロシア大会と2大会連続でメンバー入り。
・ワールドカップ初出場を飾ったロシア大会後、代表を退くことを表明した。
・日本代表Aマッチ通算42試合出場。

■販売場所
1.アルビレックスショップ オレンジガーデン(新潟駅南口)
950-0086 新潟市中央区花園111 CoCoLo新潟中央
TEL:025-288-6617(営業時間10:0020:00
42日(火)18:00~販売開始

2.43日(水)FC町田ゼルビア戦(デンカビッグスワンスタジアム)
Eゲート前広場グッズ売店(14:45~販売開始)
・スタジアム内グッズ売店(16:30~販売開始)
※完売とならなかった場合、翌日44日(木)18:00からアルビレックス新潟インターネットショップでも販売いたします。

■アルビレックス新潟グッズ担当Twitter
新商品情報やグッズイベント情報などを随時お届け中!ぜひフォローしてください!
<アルビレックス新潟グッズ担当Twitter

■お問い合わせ先
株式会社アルビレックス新潟 運営事業部 商品担当
950-0954 新潟市中央区美咲町2-1-10
TEL:025-282-0011(月~金10:0017:00)、FAX025-282-0013
メールアドレス:info@albirexshop.com

FOLLOW US

ユニフォームスポンサー

  • 亀田製菓
  • コメリ
  • 新潟米
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS
  • 新潟日報

オフィシャルパートナー

  • アディダス

オフィシャルクラブスポンサーS

トレーニングウェアスポンサー

地域支援パートナー

  • 新潟県
  • ネクスコ東日本

エコロジースポンサー

  • HARD OFF

オフィシャルクラブスポンサー

PRバナー