• 亀田製菓
  • コメリ
  • 新潟日報
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS
  • アディダス

がんばろう東北 SMILE PROJECT

「2014 がんばろう東北 SMILE PROJECT」 第2回 招待事業概要

試合

2014年8月16日(土)  2014 J1第20節 アルビレックス新潟vs大宮アルディージャ

対象

42名
[1]FC山田ヴェルエーニ [2]FC宮古フェニックス

レポート

ようこそ、ビッグスワンへ!

第2回目となる「2014 がんばろう東北 SMILE PROJECT」。今回は、FC山田ヴェルエーニ(岩手県宮古市)、FC宮古フェニックス(岩手県宮古市)の皆さんが参加してくれました。 8月16日(土)の早朝に岩手県を出発し、子ども達を乗せたバスは昼過ぎにスタジアムに着きました。
到着後、早速スタジアム見学ツアーに。はじめに向かった先は、選手ロッカールーム。清藤エキップメントマネージャーから、ロッカールームに関する説明をしてもらい、「選手は道具をとても大切にしていて、こだわりもあります。例えば、みんなもつけている「すねあて」。プロの試合はとても激しいので、何人かの選手はF1カーボディに使用されている素材と同じものを使ったすねあてを使用しているんだよ。一流のサッカー選手を目指すなら、みんなも練習を一生懸命やるだけでなく、道具を大切にすることも忘れないでね」とアドバイスをもらって、目を輝かせながら熱心に説明に聞き入っていました。

選手ロッカールーム見学のあとは、室内練習場に移動。そこで、アルビレックス新潟 田村貢代表取締役社長から、、「本日は遠方からようこそデンカビッグスワンスタジアムにお越しくださいました。このビッグスワンスタジアムは42,300人収容することができるスタジアムです。今日はチームがホームゲームで勝てるよう、皆さんからも応援してもらえると嬉しく思います。新潟も過去に大きな地震を2度経験しました。その後、多くの人たちの支援で、新潟は元気を取り戻すことができました。時間はかかるかもしれませんが、皆さんにも元気になってもらって、そしてJリーグの選手を目指して頑張ってもらえればと思いますし、応援しています。」とご挨拶させていただきました。

その後、田村社長より子どもたちにサプライズでクラブオリジナルのミニフラッグを一人ひとりにプレゼント。そして、選手が試合前にストレッチやボールを触る室内練習場で実際にボールを使いながら体験をしました。

他にも、メディアルームや記者会見室、展示室を見学し、ゲスト専用のVIPラウンジで楽しく夕飯をとりました。

いよいよ憧れのピッチへ!

選手とのハイタッチでは、目の前に現れた選手に興奮した様子の子どもたち。選手から運良くサイン入りボールをプレゼントされた子どもたちは大喜びで大事そうに抱えていました。
そのままウォーミングアップを見学し、観戦席へ移動。チームは2-1で勝利!サポーターと一緒に勝利の喜びを分かち合いました。

アルビレックス新潟ジュニアと交流試合!

翌17日(日)には新潟県立聖籠緑地でアルビレックス新潟ジュニアと交流試合を実施しました。雨が降る中での試合となりましたが、子どもたちは最後までひたむきにプレーし、見ごたえあるプレーを随所に見せてくれました。試合前にはペナント交換を行いました。

交流戦の様子。「一番楽しみにしていた」と話をしていた岩手の子どもたち。

試合後はお互いの健闘をたたえてエールの交換や3チーム揃っての記念撮影で交流を深めました。

オレンジカフェで憧れの選手と対面!

練習終了後に、田中亜土夢選手、舞行龍ジェームズ選手の2選手が昼食会場であるクラブハウスレストランに姿を現してくれました。握手やサイン、写真撮影で交流した後、子どもたちを代表してFC山田ヴェルエーニとFC宮古フェニックスの両キャプテンから、「今日は僕たちの為に会いにきてくれてありがとうございました。昨日の試合では選手の皆さんのプレーを見てたくさんのことを学ぶことができました。これからまたたくさん練習をし、サッカー選手を目指して頑張ります。」と選手に挨拶をしてくれました。選手と直接ふれあう事が出来たことに、子どもたちだけでなく、監督、保護者の皆さんも大感激されていました。
最後に選手会長をつとめる田中亜土夢選手から子どもたちに、「昨日は僕たちのために応援をしてくれてありがとうございました。皆さんの応援のおかげで試合に勝つことができました。そして、短い時間でしたが今日みんなとこうして会うことができ楽しかったです。サッカーがもっともっと上手くなるよう練習を頑張ってください。そして、サッカーができる環境を与えてくれているみんなの親や周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れないでください。」と激励のメッセージをもらいました。

第2回となった「がんばろう東北 SMILE PROJECT」につきましても、ご協力いただいた皆さんのおかげで、被災地の子どもたちに笑顔をたくさん届けるとこができました。
「がんばろう東北 SMILE PROJECT」にご協力いただいた皆さん、ありがとうございます!


招待事業活動報告


FOLLOW US

SEASON PASS サービス

ユニフォームパートナー

  • 亀田製菓
  • コメリ
  • 新潟日報
  • Denka
  • NSG GROUP
  • NAMICS

オフィシャルパートナー

  • アディダス

オフィシャルクラブパートナーS

トレーニングウェアパートナー

地域支援パートナー

  • 新潟県

エコロジーパートナー

  • HARD OFF

オフィシャルクラブパートナー

PRバナー